連載
» 2013年10月02日 17時50分 公開

Web開発者が手っ取り早くストアデビューする方法(前編):Windowsストアにアプリを登録するための事前準備 (3/3)

[山崎大助,デジタルハリウッド講師]
前のページへ 1|2|3       

契約

 「Microsoft Corporation」との契約に同意します。「アプリ開発者契約の使用条件に同意します。」にチェックを入れ「次へ」をクリックし進みます。

料金

 登録料は、個人は4900円、法人(会社)は9800円です。

支払いとアカウント検証

 カード情報を入力します。全て入力したら「次へ」をクリックします。

 入力した内容に間違いがない場合「購入」をクリックします。

完了

 これで、登録完了です。

 登録が完了すると、2通のメールが連絡用メールアドレスに届きます。

  • Windowsストアへようこそメール
  • Microsoftからご購入の確認メール

 これで、Windowsストア アプリ開発者登録は完了です。

開発環境準備

 アプリを作成するには「Visual Studio Express 2012 for Windows 8」が必要です(※無償で使用可能です)。

 Visual Studioダウンロードサイトからダウンロードしてください。

 「インストールのオプション」→「今すぐインストール」を選択すると、ファイルダウンロードが開始します。

 ダウンロード完了後、「win8express_full.exe」をダブルクリックでインストールを開始します。

 インストール後に起動するとプロダクトキーを聞かれます。オンライン登録すると、ずっと使えるようになります。

 次回は実際にアプリを作成して、Windowsストアに登録しましょう!

著者紹介

山崎大助 (デジタルハリウッド講師)

著書:レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン集中講義

受賞歴:Microsoft MVP

デジタルハリウッド講師を務めるほか@IT、日経ソフトウエア、SoftwareDesign、ITProなどのWeb業界誌での執筆。

html5ビギナーズ(html5jビギナー部)にて勉強会を毎月or隔月にて開催中。ヒカ☆ラボ等のセミナーやイベントにも登壇中。日経PC21「名作フリーソフトを訪ねて」にもアプリ作品が選出されている。本サイトにて「HTML5アプリ作ろうぜ!」の記事連載中。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。