連載
» 2013年12月02日 18時00分 公開

IT業界 転職市場最前線(55):求人企業が今、採用スピードを上げる理由とは

不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい

[ワークポート]

2013年10月のIT業界転職市場まとめ

 前月に引き続き、求人数は増加傾向にある。ボーナスを視野に入れるこの時期は、転職希望者の動きが緩む傾向にあるが、ボーナス後は退職者が増えるため、市場も活発になるだろう。


Webエンジニア

 採用計画の見直しによる求人増加が顕著だった。特に入社後の教育体制充実をうたって若手のプログラマを求める企業が多い。一方でベテランのニーズも相変わらず増加している。

未経験からエンジニアを目指す

 最近、「未経験からエンジニアになりたい」と相談に来られる方が増えた。独学や、短期専門学校でプログラミングや開発知識を身に付けて転職活動に臨むケースが多い。他方30代のベテランは、現在2次・3次請け勤務で、今後は「上流工程に携わりたい」「自社サービスを手掛けたい」という希望を持った方が目立った。

採用活動はスピーディ

  12月の賞与を視野に入れる時期になると、転職希望者は活動スピードが緩む傾向にある。企業は逆に、より優秀な人材を早期に囲い込むべく、採用のスピードを上げてくるだろう。面接は1回のみで、最初から役員以上が担当するケースも少なくない。


Webディレクター

 前月に比べて新規求人が増えた。年内の採用目標を達成したい企業はここから追い込みを掛けることが予想され、求人数はこれからさらに増加するだろう。

デザインのスキルも求められている

  サイトの運営のみならず、デザイナーとしてのスキルを求められる求人が増えた。企業サイトのWebディレクションやデザインだけでなく、自社コンテンツの制作デザインから運営まで、幅広い経験を持つ人材を求める企業が多い。

実務経験の浅い転職希望者が増加

  いわゆるポテンシャル層や職業訓練校を経て就業を目指す方など、実務経験の浅い転職希望者が増加している。また、グラフィックデザイナーとしての経験を生かしてWeb関連の仕事に就きたいという方、専門学校を卒業して、これから本格的にWeb周りの経験を積みたいという方も目立った。

  スキル重視の職種であるため、未経験者や経験が浅い転職希望者への選考は若干厳しくはあるが、企業によっては採用に至るケースもある。


インフラエンジニア

 インフラ構築のニーズが高いことを背景に、豊富な求人数が続いている。ボーナスを見据えて転職活動のスピードを緩める人の早期囲い込み、ボーナス後の退職を考えている方に向けた求人展開と、市場は活発な状態が続きそうだ。

売り手市場が続く

  依然として売り手市場が続いている。まったくの未経験からチャレンジしたい方は別として、ネットワークに関する業務経験がある方には、十分チャンスがあるだろう。

採用後の教育に注力する企業が増加

  ターゲットをポテンシャル層に切り替え、自社教育によって人材不足を補おうとする企業が増えている。これにより、通常面接回数2回の企業が1回のみで内定を出すなど、原石となり得る人材を早期に獲得する傾向が高まった。


デザイナー

 新規求人は増加傾向にある。少しずつ景気が回復しており、業績好調に伴う募集も目立った。ただし募集枠は1〜2人と少なく、競争率は高い。

UI・UXデザイナーの案件落ち着く

  一時目立って増加していたUI・UXデザイナーの求人は、いったん落ち着きを見せている。ネイティブアプリが主流になったことで、実際に手を動かす3DCGデザイナーなどの求人が増加したことが要因と見られる。

5回以上面接を実施する企業はない

  面接回数は2〜3回の企業が全体の54%を占め、5回以上実施する企業はない。「いい人がいたら即採用」という姿勢の企業が多く、スピード感にあふれる採用活動が展開された。求められているのは、実務経験を多く積んだ即戦力層だ。


ゲーム関連職種

 前月と比べると、ディレクター、プランナーの新規求人数がそれぞれ増加傾向にあり、特にソーシャル系経験者が求められている。市場としても今後さらにソーシャル系に力を入れる企業が増加すると考えられるため、業界希望者にとっては今がチャンスだろう。

3DCGデザイナー職の求人増加中

 プラットフォームの衰退によってソーシャル・ネイティブ事業に注力する企業が増えたため、3DCGデザイナー職の求人が好調だ。今後しばらくは増加傾向が続くだろう。

エンジニアの転職希望者が目立つ

 エンジニアの転職希望者が目立った。特に、現在はWebエンジニアとして活躍している方が、スキルアップや最先端技術に触れることを目的として活動するケースが多い。


営業

 求人数は前月比で約5割増と、非常に活発な採用活動が展開されている。インターネット・Web広告関連の営業職が特に多く、中でもスマートフォン広告に関するものが大部分を占めた。

キャリアチェンジのチャンス

 若手層、第二新卒層の転職者が多く見られた。「業界未経験可」「何らかの営業経験があれば可」といったハードルの低い求人が多いため、今伸び盛りのインターネット広告業界などへキャリアチェンジしたい方にとっては好機だろう。

市場は活発な状態が続く予想

 冬のボーナスや年末という区切りを向かえて転職を考える方が増加するとともに、企業も下期の採用目標達成のために、活発な動きを見せることが予想される。インターネット広告業界以外に、Webマーケティング、システムソリューション営業職などの求人も増加していくだろう。


バックオフィス

 前月比では、人事、アシスタント・営業事務の新規求人が横ばいか減少傾向となった。その他職種はほぼ横ばいで、特に目立った動きはない。

総務職は減少、経理職は増加

 総務職は、欠員募集が充足したことから減少傾向にある。一方経理職は、スタッフからリーダークラスまで幅広い層が求められ、増加に転じた。特にゲーム、アミューズメント業界での求人が多い。

有資格者から経験が浅い人まで、幅広い層で決定が見られる

 どの職種も経験者や簿記2、3級といった資格保有者の決定が目立ったが、マイクロソフトオフィス中級程度の決定者も出ており、幅広い層にチャンスがあるといえる。年齢で見ると、30代前半からの中堅層が次のステップに進みやすいようだ。


「IT業界 転職市場最前線」バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。