特集
» 2013年12月04日 18時00分 公開

無料で始めるクラウドCMS構築超入門:Windows Azure WebサイトとWebMatrix 3で楽チン構築・管理 (4/4)

[亀渕景司,株式会社pnop]
前のページへ 1|2|3|4       

AzureWebサイトの管理

 これまで開発/発行と行ってきたが、Windows Azure上に配置したWebサイトの管理は基本的に「Windows Azure 管理ポータル」(以下、管理ポータル)より行うことになる。

 この節では、簡単に管理ポータル上で行えることについて記載しておこう。

ダッシュボード

 [ダッシュボード]タブではAzureWebサイトの簡単なメトリックや現在のCPU時間使用量、サイトのURLやFTP接続のための情報など全般的な概要を知ることができる。

図21 ダッシュボードタブ

監視

 [監視]タブでは、ダッシュボードより詳細なメトリックを参照できる。メトリックの追加なども可能だ。

図22 監視タブ

構成

 [構成]タブではAzureWebサイトに関連するアプリの設定を行える。.NET FrameworkやPHPのバージョン指定、WebSocketの有効化、カスタムドメイン名やアプリ・ログに関する設定、またIISで利用する「Web.config」のアプリ設定部分の編集などが可能だ。データベースへの接続文字列などもこのページで変更できる。

図23 構成タブ

スケール

 [スケール]タブではAzureWebサイトの動作モードを変更できる。また、「共有」および「標準」モードの場合はインスタンス数の増減や、CPU負荷や時間に応じてインスタンス数を増減するオートスケールの設定ができる。

補足

[スケール]タブのオートスケールの設定は2013年11月現在、プレビュー機能である


図24 スケールタブ

リンク済みリソース

 [リンク済みリソース]タブでは、Webサイトに関連する「Windows Azure ストレージ」やSQLデータベース、MySQLデータベースなどをひも付けることができる。リンク済みリソースとして関連付けることで、Webサイトとリソースの関連性を明確化し、ダッシュボード上でSQLデータベースのデータベース・サイズを把握したりすることが可能だ。

図25 リンク済みリソースタブ

 継続的なインテグレーションなどの中心はWebMatrix 3で行えるが、Webサイトの稼働状況などは管理ポータルでの操作がメインとなるので、理解を深めておいた方が良いだろう。

オープンソースな環境にも

 Web開発環境としてのWebMatrix 3と、すぐに使えるPaaS、AzureWebサイトはいかがだったろうか?

 HTML5や昨今のCSS事情、それにPHPやNode.jsなどオープンな環境もまとめて開発できるWebMatrix 3は、さまざまな人により良い開発体験をもたらし、さらにAzureWebサイトを活用することで、より多くの人へ成果を素早く届けることが可能だ。

 もちろん開発だけではなく、すでに多数存在するWebアプリをテンプレートとして活用できることもお分かりいただけたことだろう。

 本稿は、あくまでこれらエコシステムの導入部にすぎないが、読者の皆さまには、これを機会に素晴らしきWebの世界を堪能していただければ幸いだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。