特集
» 2013年12月05日 18時00分 公開

無料で始める企業向けIaaSクラウド入門:企業向けIaaSに求められる6つの要件と環境構築 (2/3)

[橋本圭一,シグマコンサルティング(http://www.sigmact.com/)]

Windows Azureの仮想マシン(VPS)の用意

 Windows Azureの仮想マシンを作るには、Windows Azure管理ポータルから左下にある「+新規」ボタンをクリックし、「コンピューティング」→「仮想マシン」→「ギャラリーから」を選択すると、ポップアップが起動する。

Windows Azure管理ポータル

 「イメージの選択」画面の中から今回は「SQL Server 2012 SP1 Standard Windows Server 2012」を選択する。

「イメージの選択」画面

 続いて、「仮想マシンの構成」画面において必要な情報を入力する。

  • バージョンのリリース日:最新のものを選択
  • 仮想マシン名:任意の名前を入力
  • サイズ:今回はM(2コア、3.5GBメモリ)を選択
  • 新しいユーザー名:RDPでログインする際(後述)の任意の名前を入力
  • パスワード:RDPでログインする際(後述)の任意のパスワードを入力

 なお、新しいユーザー名とパスワードは忘れないようにメモを取っておくといいだろう。

「仮想マシンの構成」画面1

 続いて、次の「仮想マシンの構成」画面に遷移し、以下の情報を入力する。

  • クラウドサービス:「新しいクラウドサービスの作成」を選択
  • クラウドサービスのDNS名:DNS名を入力(まだ取得されていないユニークなものである必要がある)
  • サブスクリプション:サブスクリプションを指定
  • 地域/アフィニティグループ:「東アジア」を選択(※この記事を読んだ時点で日本リージョンが開設している場合は、そちらを選択するとよい)
  • ストレージ アカウント:仮想マシンのディスクが保管されるストレージになる。「自動的に生成されたストレージアカウントを使用」でよい
  • 可用性セット:複数の仮想マシンで1つのエンドポイントを利用する場合に使うが、今回は「(なし)」とする
「仮想マシンの構成」画面2

 続いて、次の「仮想マシンの構成」画面に遷移し、「RemoteDeskTop」「Powershell」はそのままで、新しく「HTTP」を選択する。これで80番ポートを通じてサーバーにWebアクセスができるようになる。

「仮想マシンの構成」画面3

 入力内容が正しいと、仮想マシンの作成が始まる。「プロビジョニング」となる。続いて「開始中」となり、3〜4分のうちにサーバーが出来上がる。

仮想マシン作成中

 サーバー作成後、対象の仮想マシンを選択し、ポータル下部にある「接続」を選択する。

「接続」を選択

 RDPファイルのダウンロードが始まるので、ローカルに保存する。

RDPファイルのダウンロード

 ダウンロード後、実行し、「接続」を選択する。

RDPファイルを実行

 仮想マシンを作成する際に設定したユーザー名とパスワードを入力し、「OK」を押下する。

ユーザー名とパスワードを入力

 無事ログインに成功すれば、サーバー作成の完了だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。