連載
» 2014年02月20日 18時00分 公開

Oracle Master 12cの攻め方(1):ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12cを目指す皆さんへ (2/2)

[オラクルユニバーシティ 平賀博司,@IT]
前のページへ 1|2       

ORACLE MASTER認定資格制度を理解する

 最後に、ORACLE MASTER認定資格の制度と試験についてまとめます。なお、ここからの内容は随時変更の可能性がありますので、受験前に必ず日本オラクルの認定資格情報のページで最新情報をご確認いただいた上で、試験に臨んでください。

ORACLE MASTER Oracle Database 12cの資格体系

 前述の通り、まだこれからリリース予定のものも存在しますが、ORACLE MATER Oracle Database 12cの資格体系は下の図の通りです。今回の連載では基本スキルとしての「Bronze」認定を目標としますが、ぜひ、上位レベルの「Gold」「Platinum」を目指して学習を進めてください。

Copyright 2014, Oracle and/or its affiliates, All rights reserved


 各レベルの認定資格取得に必要な試験は次の通りです。ORACLE MASTER認定資格は該当する試験に合格すると、自動的に認定されます。なお、Gold以上の上位認定資格については、試験合格の他に、Oracle Universityの指定する研修コースの受講が必要です。

Copyright 2014, Oracle and/or its affiliates, All rights reserved


 上位レベルの認定資格ですが、「Gold」認定資格では、下図にあるように、12cの新機能である「マルチテナント・アーキテクチャ」に関する知識も必要です。Oracle Database 11gにとどまらず、最新アーキテクチャを理解し、ご自身の知識やスキルのブラッシュアップを図りましょう。

Copyright 2014, Oracle and/or its affiliates, All rights reserved


 なお、既にOracle Database 11gまでの認定資格を取得されている方々は、下記の各試験に合格すれば、ORACLE MASTER Oracle Database 12cの資格として認定される移行パスが用意されています。

Copyright 2014, Oracle and/or its affiliates, All rights reserved


 次回は「12c SQL基礎試験」、3回目は「Bronze DBA 12c」に向けた対策ポイントを紹介します。アーキテクチャの大掛かりな改変のあったメジャーバージョンアップです。このタイミングに、スキル、知識をアップグレードしましょう。応援します!

筆者プロフィール

平賀博司

平賀博司(ひらがひろし)

日本オラクル株式会社 オラクルユニバーシティ研修部 プリンシパルインストラクター

データベースのシステム開発に関連するコース、Java関連コース全般の登壇やシステム設計演習、疑似プロジェクトなどのコース設計を行う。鉄道好きが高じ、鉄道情報システム(JRシステム)に在籍したこともある。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。