連載
» 2014年02月20日 18時00分 公開

隔週刊「キャンペーンサイト構築&運用」(3):WordPressでのキャンペーン運用に超絶便利なプラグイン3選 (2/2)

[佐藤翔,ねこポッポ]
前のページへ 1|2       

「SendGrid」を使い、AzureWebサイト上でメール配信を可能にする

 応募フォームを作成し、メールのテンプレートまで作成したが、このままではフォームの「応募する」ボタンを押してもメールは送信されない。

 AzureWebサイトからメールを送信をするには、外部のSMTPから送信する必要がある。幾つか方法があるが、今回は、「SendGrid」というクラウド電子メールサービスを活用する方法を紹介する。1カ月2万5000通までは無料で、それ以上の場合は有料プランがある。

Azureアドオンの追加

 Azureのポータルのメニューの「アドオン」から「アドオンの購入」をクリックする。

 「SendGrid」を選択し、クリックする。

 「Free」を選択し、地域は「東アジア」を選択する。

 完了すると、このような表示が現れる。

 ポータル画面下部の「接続文字列」をクリックする。

 このユーザーネームとパスワードは後で使用するので、メモしておく。

WordPressプラグインのインストール

 次に、WordPress側でメールの設定を行う。SendGrid設定用のプラグイン「SendGrid」があるので、それを検索しインストールする。

プラグインの設定

 管理画面の「設定」→「SendGrid」で、先ほど手に入れたユーザーネームとパスワードを入力する。他にも送信者の名前の設定や送信元のメールアドレスなどを入力する。設定内容を保存すると、これでメールが送信可能になる。

SendGridのダッシュボード

 SendGridのダッシュボード「SendGrid Statistics」からアクティビティやパフォーマンスログの分析が可能である。

フォームの情報をデータベースで管理する

 次に、応募フォームから送信された情報をデータベース化し、管理画面上で確認ができるようにする。プラグインの「Contact Form DB」は「Contact Form 7」と連携しており使いやすい。

 インストールして有効化した後に、フォームから送信をすると、「Contact Form DB」の管理画面に送信内容が表示される。

次回は、スマートフォン最適化

 次回は、プラグインを使用したスマートフォン最適化を行う。スマホがあれば、いつでもどこからでもキャンペーンに応募できるので、キャンペーンサイトを運用するのに、とても有効な手段になるだろう。


著者プロフィール

佐藤 翔(ねこポッポ

ネコ大好きWebデザイナー。ネコTシャツやネコマンガを描いて暮らしている。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。