連載
» 2014年02月20日 12時38分 公開

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:第12回 Windowsストアで公開する (2/8)

[山本康彦(http://www.bluewatersoft.jp/),BluewaterSoft]

アプリの修正

 ここまで作ってきたアプリが認定要件をクリアするためには、プライバシーポリシーへのリンクを追加しなければならない。それは、要件4.1.1によれば、設定チャームに置く必要がある(要件の原文を参照、日本語訳は変だ)。次の画像のように、[プライバシー ポリシー]というリンクを設定チャームに追加する*7

設定チャームに設置したプライバシーポリシーへのリンク
設定チャームに設置したプライバシーポリシーへのリンク 設定チャームに設置したプライバシーポリシーへのリンク
設定チャームに[プライバシー ポリシー]というリンクを設置する(上の画像、赤丸内)。
このリンクをタップすると、ブラウザーが立ち上がって、前述したサポート情報とプライバシーポリシーを掲載したページが表示される(下の画像)。

*7 リンクの名称は、多言語版では当然だがローカライズしなければならない(英語版なら「privacy policy」)。


 そのコードは、Appクラスに記述する。今回は、再利用しやすいように別のファイルに分けて書いてみよう。プロジェクトに新しいクラスを追加し、そのファイル名を「App.xaml.SettingsCharm.cs」とする。そして、次のコードを記述する。

using System;

namespace AtmarkItReader
{
  sealed partial class App
  {
    private const string URI_PrivacyPolicy = "http://www.bluewatersoft.jp/Download/AtmarkItReader/PrivacyPolicy";

    private const string SID_PrivacyPolicy = "privacyPolicy"; // リンクを識別する定数(他のリンクを追加した場合に必要になる)
    private const string SLB_PrivacyPolicy = "プライバシー ポリシー"; // 設定チャームに表示する文字列

    // 設定コントラクトのイベントハンドラーをセットする
    void SettingsLoad()
    {
      Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsPane.GetForCurrentView()
        .CommandsRequested
        += onCommandsRequested;
    }

    // 設定チャームに、カスタムメニューを追加する
    void onCommandsRequested(
            Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsPane settingsPane,
            Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsPaneCommandsRequestedEventArgs eventArgs
          )
    {
      if (eventArgs.Request.ApplicationCommands.Count > 0)  // 追加済み(重複登録の防止)
        return;

      Windows.UI.Popups.UICommandInvokedHandler handler
        = new Windows.UI.Popups.UICommandInvokedHandler(onSettingsCommand);

      Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsCommand generalCommand
        = new Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsCommand(SID_PrivacyPolicy, SLB_PrivacyPolicy, handler);
      eventArgs.Request.ApplicationCommands.Add(generalCommand);
    }

    // 設定チャームからメニューが呼ばれた後の処理
    void onSettingsCommand(Windows.UI.Popups.IUICommand command)
    {
      Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsCommand settingsCommand
        = (Windows.UI.ApplicationSettings.SettingsCommand)command;
      switch (settingsCommand.Id.ToString())
      {
        case SID_PrivacyPolicy:
          // プライバシーポリシーの呼び出し
          ShowPrivacyPolicy();
          break;
        // 他のリンクを追加する場合に備えてswitch文にしてある
      }
    }

    // プライバシーポリシーを表示する
    async void ShowPrivacyPolicy()
    {
      await Windows.System.Launcher.LaunchUriAsync(
              new Uri(URI_PrivacyPolicy),
              new Windows.System.LauncherOptions() // 画面の分割比を変更するオプション
                  {
                    DesiredRemainingView
                      = Windows.UI.ViewManagement.ViewSizePreference.UseLess
                  }
            );
    }
  }
}

設定チャームに[プライバシー ポリシー]リンクを追加するコード(C#)
他のリンクを増やしたいときには、冒頭の定数/switch文のcase/実際の処理を行うメソッドを追加すればよい。別途公開しているサンプルコードには、[このアプリについて]というリンクも設置してある。

 そして、上記のコードのSettingsLoadメソッドを、AppクラスのOnLaunchedメソッドの中で呼び出すようにすれば完了だ(次のコード)。

protected override async void OnLaunched(LaunchActivatedEventArgs e)
{
  ……省略……

  Frame rootFrame = Window.Current.Content as Frame;
  if (rootFrame == null)
  {
    ……省略……

    // フレームを現在のウィンドウに配置します
    Window.Current.Content = rootFrame;

    // 【第12回】設定チャームに[プライバシー ポリシー]リンクを追加
    SettingsLoad();
  }
  ……省略……

アプリの起動時に設定チャームにリンクを追加するコード(C#)
これは既存の「App.xaml.cs」ファイルに追加する(太字の部分)。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。