連載
» 2016年10月24日 05時00分 公開

Excelマクロ/VBAで始める業務自動化プログラミング入門(15):Excel操作で日が暮れないようにデータ削除処理とメニュー画面を作る&MsgBox関数の使い方 (2/3)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

メニュー画面のデザイン

 今回作るメニュー画面は連載第13回で紹介した、図4のような画面だ。これはフォームで作っているのではなく、Excelのセルの上に作成している。

図4 メニュー画面

 連載第13回で作成しておいた「メニュー」シートを選択する。

背景の作成

 まず「D7」から「H28」までを選択して背景色を黒で塗りつぶす(図5)。

図5 選択した範囲を黒で塗りつぶす

 次に、「C6」から「G27」までを選択して青系統色で背景を塗りつぶす(図6)。

図6 選択した範囲を青系統色で塗りつぶす

 次に、C列とH列の幅を半分よりやや小さめに縮める(図7)。

図7 CとH列の幅を小さくする

 これで土台は完成だ。

メニューボタンの作成

 次に、Excelメニューの[挿入]→[図形]と選択して、「角丸四角形」を5個配置する。一番下には、「正方形/長方形」を1個配置する。「角丸四角形」は1個配置して、「書体」や「文字サイズ」を適当な値に指定して、選択し、コピー&ペーストしていくと早い。

 書体には「游ゴシック」、文字サイズには「18」、太字とし、文字を「中央揃え」にし、背景色を茶色に指定し、「データ入力」と記述したのが図8だ。

図8 各書式を設定した「角丸四角形」

 この状態から、「角丸四角形」を選択してコピー&ペーストして4個配置する。表面の文字も図9のように指定する。

図9 全部で5個の「角丸四角形」を配置し、表面の文字も指定した

 最後に「正方形/長方形」を配置して、「書体」「文字サイズ」を指定し、背景色に「青系統色」を指定した。名前には適当な名称を入れる。ここでは、「薬師寺国安事務所」とした(図10)。

図10 最後に「正方形/長方形」を配置して各書式と文字を設定した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。