連載
» 2014年06月18日 18時00分 公開

TestFlight+JenkinsでiOSアプリのベータ版配信を自動化するiOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(4)(4/4 ページ)

[諏訪悠紀,アンダースコア]
前のページへ 1|2|3|4       

Jenkinsを使ってベータ版配信を自動化しよう

 ここまででTestFlightにIPAファイルをアップロードする準備が整いました。本稿では、JenkinsのTestFlightプラグインを使ってアップロードします。Jenkinsのインストール手順については前回記事の「HomebrewでJenkinsの環境構築」を参考にしてください。

TestFlightプラグインのインストール

 まず、JenkinsにTestFlightプラグインをインストールしましょう。プラグインをインストールするには、Jenkinsのダッシュボード画面の左側に表示されているメニューから「Jenkinsの管理」を選択し、「プラグインの管理」を開きます。

 そして「利用可能」タブを開き、上部の検索バーに「TestFlight」と入力すると、TestFlightプラグインが表示されるのでチェックを入れます。最後に、「再起動せずにインストール」をクリックしてインストールします。

図20 TestFlightプラグインのインストール

Jenkins側でのTestFlightの設定

 インストールが完了したら、次にTestFlightの設定を行います。TestFlightプラグインはTestFlight Upload APIを利用してアップロードを行うため、API TokenをJenkinsに登録しておく必要があります。

 まず「Jenkinsの管理」を選択し、「システムの設定」を開きます。この設定画面の一番下にTestFlight用の設定項目が追加されているので、「追加」ボタンをクリックして設定を追加します。

図21 TestFlightプラグインの設定

 ここで設定できる項目は次の通りです。

表1 TestFlightプラグインの設定項目
設定項目 説明
Token Pair Name 設定名。ジョブの設定時に選択肢として表示される
API Token TestFlightで作成したアカウントのAPIキー
Team Token TestFlightで作成したチームのAPIキー

 API TokenはTestFlightの右上のメニューから「Account Settings」を選択し「UploadAPI」画面を開くと表示されます。

図22 API Token

 Team Tokenは右上のチーム名をクリックして表示されるメニューから「Edit Info」を選択し「Team Info」画面を開くと表示されます。

図23 Team Token

 設定項目を入力したら「保存」をクリックして終わりです。

ジョブへの作業の追加

 次に、iOSアプリをビルドするジョブにTestFlightにアップロードするために必要な作業を追加しましょう。

 本稿では、前回作成したiOSアプリをビルドするジョブに追加して設定する手順を解説しますので、本稿からご覧になった方は前回の記事を参考にジョブを作成してください。ジョブの設定を編集するには、ジョブ画面の左メニューから「設定」をクリックします。

 まず、Xcodeプロジェクトをビルドする作業の設定を編集します。今回はAdHoc版のProvisioning Profileを使ってIPAファイルをビルドしたいので、Provisioning Profileの設定を上書きするように設定します。「Code signing & OS X keychain options」の「CodeSigning Identity」にCertificateの名前を、「Embedded Profile」にAdHoc版のProvisioning Profileのファイル名を入力してください。

図24 Xcodeプロジェクトのビルド設定の修正

 次に、TestFlightにIPAファイルをアップロードする作業を追加します。設定画面の一番下にある「ビルド後の処理の追加」をクリックし、「Upload to TestFlight」を選択します。

図25 TestFlightへのアップロードの設定

 設定項目は次の通りです。

表2 TestFlightのジョブの設定項目
設定項目 解説 設定値
Token Pair アップロードに使用するToken 上記手順で作成したToken Pair
IPA/APK Files (optional) IPAファイル名 未設定(デフォルトで成果物が対象になるため)
dSYM File (optional) dSYMファイル名 未設定
Additional Uploads 追加でアップロードするファイル 未設定
Build Notes ビルドのノート(コメント) 未設定
Append changelog to build notes ビルドのノートにChangeLog(コミットコメント)を追記するか 有効
Distribution Lists 配信するDistribution Listの名前(複数指定可能) 上記手順で作成したDistribution Listの名前
Notify Team 配信するテスターにメールで通知するか 有効
Replace Build 同じビルドバージョンのファイルを置き換えるか 無効
Debug Upload アップロード中にコンソールにデバッグログを表示するか 有効

 設定が終わったら「保存」をクリックします。これでJenkinsを使ってビルドしたiOSアプリをTestFlightにアップロードするジョブが完成しました。

実行してみよう

 実際にビルドを実行してみると、TestFlightにアップロードされ、Distribution Listに登録してあるテスターのメールアドレス宛てに通知が届くはずです。「INSTALL」をクリックすると、アプリをインストールできます。

図26 アップロードの通知

コラム「TestFlightのMac用アプリの活用」

 本稿では、Jenkinsを使ってアップロードする手順を解説していますが、TestFlightにはもちろん手動でアップロードすることも可能です。一番ポピュラーな方法はブラウザーからIPAファイルをアップロードする方法ですが、TestFlightではMacアプリも用意してくれています。

 Macアプリは、次のURLからダウンロードできます。

 このMacアプリを使うと、FinderでIPAファイルを表示した状態で右クリックメニューからアップロードが行えるようになります。TestFlightに緊急でアップロードしたいときなどに活用できそうですね。


次回は、クラッシュログ解析サービス「BugSense」を組み合わせる

 次回は、iOSアプリのクラッシュの原因やバグの解決には欠かせない、クラッシュログ解析サービス「BugSense」について解説する予定です。BugSenseを組み合わせることによって、ベータ版として配信したiOSアプリのテストをより効果的に運用できます。ぜひご期待ください。

著者プロフィール

諏訪悠紀

アンダースコア株式会社でiOS/Androidのアプリの開発に携わっています。


ブログGoogle Play StoreiTunes App Store


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。