連載
» 2014年07月02日 18時00分 公開

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(終):あなたのWeb開発人生を変えるYeoman、Bower、Yoのインストールと使い方 (2/3)

[中村修太,クラスメソッド]

Bowerの基本的な使い方

 Bowerを使用すれば、JavaScriptライブラリの管理を簡単に行えます。まずはbowerモジュールをnpmでインストールしましょう。次のように、-gオプション(グローバルインストール)を付けてbowerモジュールをインストールします。

% mkdir bowerSample && cd bowerSample
% npm install -g bower

 インストールできたらBowerを実行してみましょう。-vオプションでバージョンが表示されればインストール完了です。

% bower -v
1.3.5

 準備ができたらinitコマンドでBowerを初期化します。initコマンドを実行後、名前やバージョン情報などの設定情報を対話形式で入力していきます。今回は全てデフォルトで構いませんので、入力していきましょう。

% bower init
・
・
・

 全て情報を入力すると、bower.jsonという管理用ファイルが生成されます。このファイルにはライブラリ名や依存関係が記述されます。

 次に、Bowerを使って「Underscore.js」をインストールしてみましょう。installコマンドを使用してモジュール名を指定すれば、インストールが開始されます。

% bower install underscore --save
・
・
・
bower underscore#~1.6.0        install underscore#1.6.0% bower install underscore --save

 なお、実際にインストールされたライブラリは、「app/bower_components/underscore/」に配置されます。

Bowerでよく使うコマンド5選

 ここからは、Bowerでよく使用されるコマンドを紹介していきましょう。

【1】install

 先ほども使用した、Bowerでライブラリをインストールするためのコマンドです。以下のようにすることで、指定したライブラリを取得できます。

bower install {バージョン}

 gruntコマンドと同じく「--save」「--save-dev」オプションを使用すれば、bower.jsonに依存関係を記述してくれます。また、既存のbower.jsonにすでに依存関係が記述されている場合、以下のように入力すれば、依存ライブラリをインストールできます。

bower install

 ライブラリ名の後に「#{バージョン}」を記述すれば、任意の{バージョン}のライブラリをインストールできます。

【2】list

 インストール済みのライブラリの一覧を表示するためのコマンドです。

% bower list
bower check-new     Checking for new versions of the project dependencies..
bowerSample#0.0.0 /path/your/bowerSample
└── underscore#1.6.0

【3】info

 ライブラリの詳細を確認できるコマンドです。ライブラリ名の後に「#{バージョン}」を指定すれば、その{バージョン}の詳細を確認できます。

%bower info underscore
bower underscore#*              cached git://github.com/jashkenas/underscore.git#1.6.0
bower underscore#*            validate 1.6.0 against git://github.com/jashkenas/underscore.git#*
・
・
・

【4】search/lookup

 ライブラリを名前で検索するためにはsearchコマンドを使用します。以下のように入力すれば、部分一致でライブラリを検索してくれます。

bower search {ライブラリ名}

 以下はコマンドの例です。

% bower search underscore
Search results:
 
    underscore git://github.com/jashkenas/underscore.git
    underscore-amd git://github.com/amdjs/underscore.git
・
・
・

 なお、searchでなく「lookup」コマンドだとライブラリ名の完全一致で検索します。

【5】uninstall

 ライブラリをアンインストールするにはuninstallコマンドを使用します。

%bower uninstall underscore --save
bower uninstall     underscore

 こちらもinstallコマンドと同じく、「--save」「--save-dev」オプションを付けることによりbower.jsonの依存性を変更します。

他のコマンドは公式サイトで

 以上がbowerの基本的なコマンドです。これら以外にもいくつかコマンドがありますので、詳しくはGitHubの「README.md」をご確認ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。