連載
» 2014年10月06日 19時17分 公開

連載:アプリケーションの運用監視:第1回 アプリの運用監視サービスとは? New Relic vs. Application Insights (2/6)

[亀川和史,著]

Application Insightsとは

 Application Insightsとは、マイクロソフトからVisual Studio Onlineの1サービスとして提供されているモニタリングサービスだ。現時点ではプレビューだが、マイクロソフト製品以外のソフトウェアもサポートされている。使用にはMicrosoft Azure(以下、Azure)のアカウントが必要となる。Visual Studioを使用して開発している場合、Visual Studio 2013 Update 3に更新しておけば、簡単に設定でき、一部の機能はAzureの新ポータルから管理することもできる。差分を以下にまとめる。

  Visual Studio 2013 Update3 Visual Studio 2013 Update2 + 拡張機能
アカウント Azure Visual Studio Online
ポータル Azure新ポータルでも可能 Azure現行ポータルとVisual Studio Onlineを併用
Visual Studio統合 Update3に統合 拡張機能でサポート()
SDK 0.10 0.8
Windows ストア/Windows Phoneのサポート 現時点では未サポート あり
ログコンテナサポート あり なし
Visual Studio 2013 Update 2とUpdate 3でのApplication Insightsの動作の違い

:Application Insights Tools Visual Studio


 Application Insightsには、Azureの新ポータルか、Visual Studio OnlineのポータルからApplication Insightsのポータルにアクセスする。それぞれのアクセス方法を説明しよう。

Visual Studio Onlineのポータルからアクセス

 以下の画面はVisual Studio Onlineのポータルからアクセスする方法だ。

Visual Studio OnlineからApplication Insightsへアクセス Visual Studio OnlineからApplication Insightsへアクセス
  (1)Visual Studio OnlineからApplication Insightsポータルの起動。

Azureの新ポータルからアクセス

 Azureの新ポータルでは[BROWSE]タブにある[Application Insights]を選択すると、登録済みのApplication Insightsで監視しているWebサイトおよび、アプリケーション一覧が表示される。Azure新ポータル画面からWebサイトの監視設定を追加する場合、[NEW]ボタンから[Application Insights]を選択する。

Azureの新ポータルからApplication Insightsへアクセス Azureの新ポータルからApplication Insightsへアクセス
  (1) Azure新ポータルの一覧を表示。
  (2) 「Application Insights」を選択。

 本連載ではVisual Studio Onlineからアクセスする例を紹介する。

両サービスの料金について

 New RelicではモバイルアプリとWebアプリで価格が異なっている。詳細については以下のURLを参照してほしい。

 以下の表に価格を一覧する。

Lite Pro Enterprise
Web 無料 $149(サーバーごと) 問い合わせ
モバイル 無料 $29(アプリごと) 問い合わせ
New Relicの料金体系

 エディションごとのサーバーアプリとモバイルアプリそれぞれのサポート/機能は次のようになっている。

  Lite Pro Enterprise
Web ・24時間のログ
・サポートはフォーラム
・無制限のログ
・トランザクション追跡
・複数のアプリの追跡
・上位のサポート
・無制限のログ
・担当者とSLA保障
・シングルサインオンサポート
・最上位のサポート
モバイル ・24時間のログ
・アクティビティサマリー
・性能警告
・1週間のログ
・HTTPレスポンスとエラー状態
・3カ月のログ
・より詳細なトレース
・デバイス/OSごとの情報
・バージョン/地域ごとの比較
New Relicのサポート体系

 Application Insightsは現在プレビュー版ということもあり、執筆時点においては無料で使用可能だ。特に使用上の制限は確認できていないが、正式版のライセンスではどうなるか分からないため、正式版公開時には注意してほしい。Application Insights自身の障害情報は以下のブログで告知されている。定期的なメンテナンスの他、突発的な問題も報告されるため、確認しておいてほしい。

サポート対象プラットフォーム

 New Relicのサポートプラットフォームは以下の通りだ。非常に多くのプラットフォームがサポートされている。

 サーバーアプリでは、以下のプラットフォームがサポートされている。

  1. Ruby
  2. Java
  3. Python
  4. .NET(Azureも含む)
  5. PHP
  6. node.js

 モバイルアプリでは、以下のプラットフォームがサポートされている。

  1. iOS
  2. Android
  3. Titanium Mobile(ただしiOSとAndroidのみサポート)

 New RelicでAzure Webサイトのモニタリングを行う場合、Azureポータルのギャラリーから追加できる。詳細は以下のURLを参考にしてほしい。

 Application Insightsのサポートプラットフォームは以下の通りだ。

  1. Windows Phone
  2. Windowsストアアプリ
  3. Java
  4. Azureクラウドサービスおよび、Azure Webサイト
  5. ASP.NETアプリ
  6. Windowsサーバー

 New Relicと比べて少ない。現時点ではJavaや.NETのように重複するところもあるが、WindowsストアアプリはApplication Insightsのみ、node.jsやPHPアプリでは必然的にNew Relicを選ぶことになる。サポート範囲のプラットフォームは将来的にはどちらのサービスでも同じ機能が使用可能になるかもしれないが、現状では監視したいアプリの種類および、料金に応じて選べばよい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。