連載
» 2014年10月06日 19時17分 公開

連載:アプリケーションの運用監視:第1回 アプリの運用監視サービスとは? New Relic vs. Application Insights (5/6)

[亀川和史,著]

Application Insightsのサービス利用の準備

Application Insightsの設定を追加する

 Application InsightsはVisual Studio 2013 Update 3で正式に対応された(Update 2までは拡張機能で対応)。アプリケーション新規作成時に[新しいプロジェクト]ダイアログで[Application Insightsをプロジェクトに追加]をチェックすれば自動的に対応コードが追加される。

Visual Studio 2013 Update 3以降の[新しいプロジェクト]ダイアログ Visual Studio 2013 Update 3以降の[新しいプロジェクト]ダイアログ
右側のペーンに[Application Insights をプロジェクトに追加]チェックボックスが追加された。
  (1) Application Insights対応コードをプロジェクトに追加する(Azureにサインインしていない場合には、チェックするとサインインダイアログが表示される)。
  (2) 使用するAzureサブスクリプション(あるいはAzureのアカウント)。
  (3) テレメトリ(=遠隔地にあるものの状態を確認するための信号データ)の送信先(送信先のリージョンは現在変更不可)。

 既存プロジェクトに追加する場合は、ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックしてコンテキストメニューから[Application Insights テレメトリの追加]をクリックすればよい。

既存プロジェクトへのApplication Insightsテレメトリの追加 既存プロジェクトへのApplication Insightsテレメトリの追加
  (1) Application Insightsテレメトリを追加する。

 これにより、次のようなダイアログが表示される。

[Application Insights をプロジェクトに追加する]ダイアログ [Application Insights をプロジェクトに追加する]ダイアログ
  (1) 使用するアカウントの変更。
  (2) テレメトリの送信先変更。
  (3) 構成の変更。
  (4) Application Insightsをプロジェクトに追加。

 ASP.NETアプリ、Windowsストアアプリ、Windows Phoneアプリの場合、Application Insights用のアセンブリと設定が追加される。

【コラム】現時点でのWindowsストアアプリ、Windows Phoneアプリの対応

 執筆時点ではVisual Studio 2013 Update 3に対応するApplication Insights SDK 0.10にWindowsストアアプリ、Windows Phoneアプリ用のアセンブリが配布されていない。計画はあるので、しばらく待ってほしい。Application Insights SDK 0.10は以下のURLからダウンロードできる。


 テレメトリの送信先は[設定を構成する]をクリックすると詳細な設定が可能だが、執筆時点ではプレビュー中ということもあり、初期設定以外のリソースグループおよび、ロケーションは使用できないので、注意してほしい。

[Application Insights の構成設定]ダイアログ [Application Insights の構成設定]ダイアログ
  (1) リソースグループ。
  (2) Application Insightsリソース名。
  (3) 場所(現時点では変更できない)。

 Visual Studioを使用しない場合でも、Azureの新ポータル(プレビュー版)でもApplication Insightsの設定を行うことが可能だ。

Azureの新ポータルでApplication Insightsを追加 Azureの新ポータルでApplication Insightsを追加
左側のペーンで[NEW]タブから[Application Insights]を選択すると、このダイアログが表示される。
  (1) 監視名。
  (2) アプリの種類(変更不可)
  (3) リソースグループ名。
  (4) 必須事項の設定。
  (5) テレメトリサーバーの場所(変更不可)。
  (6) ダッシュボードへのピン留めを行う。

 これらの設定はVisual Studioで行う方が簡単なので、Visual Studioを使用する新規プロジェクトではAzureポータルで設定する必要はないだろう。

 ASP.NETアプリ以外では、Azureクラウドサービスや、Javaアプリのモニタリングも可能だ。TomcatとJBossがサポートされており、指定の場所にトラッキング用コードを追加する必要がある。

 Azureでのパフォーマンス監視の構成方法については以下のURLも参照されたい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。