特集
» 2015年08月13日 05時00分 公開

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:Visual Studio 2015の新機能をRTM版で見てみよう (4/5)

[山本康彦,BluewaterSoft/Microsoft MVP for Windows Platform Development]

Webアプリ開発の新機能

 開発コードネーム「ASP.NET vNext」と呼ばれていた次期ASP.NETは「ASP.NET 5」となり、全く新たに設計し直された。多岐にわたる新機能や改良点があるが、かいつまんで主な内容を列挙すると次のようだ。

ASP.NET 5

 ただし、ASP.NETの正式リリースは2016年になるもようだ。

従来のASP.NET

  • JSON/HTML/CSS/LESS/Sass各エディターの改良
  • CSS自動同期(VS 2015外で変更しても即座に反映)
  • Webフォーム 4.6
ASP.NET 5の発表 ASP.NET 5の発表
ASP.NETチームの「Principal Program Manager Lead」であるHunter氏によるASP.NET 5の発表の様子。MacとLinuxでも動くと説明しているところ。
Channel 9の「ASP.NET 5」に掲載された動画より(7分29秒付近)。

 上記一覧の中で、BowerGulpGruntについては耳慣れないという読者もいるかもしれない。Bower(バウアー)はパッケージマネージャー、Gulp(ガルプ)とGrunt(グラント)はビルドツールだ*3

 VS 2015で新しくC#でプロジェクトを作るときに[ASP.NET Web アプリケーション]テンプレートを選ぶと、ASP.NETの種類を選ぶダイアログがさらに出てくる(次の画像)。

ASP.NETの種類を選ぶダイアログ ASP.NETの種類を選ぶダイアログ
新規プロジェクト作成時に[ASP.NET Web アプリケーション]テンプレートを選ぶと、このダイアログが出てくる。赤枠で囲った三つが、ASP.NET 5のものだ。
ASP.NET 5ではMVC/Web APIが統合されたため、ダイアログ左下のチェックボックスは使う必要がない(実際、チェック不可能になっている)。

 上のダイアログで[Web Application]テンプレートを選んでプロジェクトを作成してみると、次の画像のようになる。

生成されたASP.NET 5のプロジェクト 生成されたASP.NET 5のプロジェクト
先のダイアログで[Web Application]を選んで生成したプロジェクト。
project.json」設定ファイルが見える(画面右側、赤矢印)。「.xproj」プロジェクトファイルは、ソリューションエクスプローラーには表示されないようだ(エクスプローラーで見ると「project.json」ファイルと同じフォルダーに存在する)。
BowerGulpの設定ファイルもある(緑矢印)。
起動時に呼び出される「Startup.cs」ファイルを見てみると(画面左側)、ConfigureServicesメソッドの中で依存性を組み立てているのが分かる。

*3 BowerとGulp、Gruntについては「Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門」が参考になる。


Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。