連載
» 2015年01月19日 14時49分 公開

連載:アプリケーションの運用監視:第2回 アプリの運用監視サービスを活用する (2/4)

[亀川和史,著]

運用情報を確認する

 New RelicとApplication Insightsを使用すると、Webサイトの死活監視/性能分析などを行える。まずは、死活監視を行う方法について解説する。

Webサイトの死活監視を行う

 最初にNew RelicでWebサイトの死活監視を行う方法を見てみよう。

New Relicでの死活監視

 New Relicで死活監視を行うにはモニター画面の左側ペーンで[REPORTS]の中にある、[Availability]を選択する。特定のURLを指定すれば、そのURLに対するアクセスを行うことにより、正常性の確認が行われるようになる。

New Relicでの死活監視設定 New Relicでの死活監視設定
  (1)監視するURLの指定。
  (2)クリックすると、死活監視が開始される(ボタンのテキストは図とは異なるかもしれない)。

 URLを指定後、しばらくするとこのページで応答状態が表示される(次の画面)。モニターするURLを変更する場合は左側のペーンの[SETTINGS]にある[Availability monitoring]を選択するか、上部の[Change the ping URL]リンクをクリックする。

New Relicの死活監視グラフ New Relicの死活監視グラフ
  (1)現在の状態。
  (2)失敗と見なすまでの時間。
  (3)応答状態を表すグラフ。

 該当のURLへの応答に対する応答とエラーがグラフとして表示される。AzureからNew Relicのアカウントを作成した場合、Azureの新ポータルから確認することも可能だ。

Azureポータルから表示したNew Relicの概要 Azureポータルから表示したNew Relicの概要
  (1)New Relicポータルを表示する(シングルサインオン)。

Application Insightsでの死活監視

 Application InsightsをAzure Web Sitesで使用する場合、サイト作成後にそのWebサイトのブレードの[構成]にある[拡張機能]から[サイト拡張機能を追加する]を選択して追加するか、新ポータルで[新規]ボタンをクリックしてメニューからApplication Insightsを作成するという、2種類の方法がある。Webサイトの死活監視と警告通報だけであれば、新ポータルから、Application Insightsを作成して、必要事項を設定するだけでよいので非常に簡単だ。

Application Insightsの構成画面 Application Insightsの構成画面
  (1)[新規]ボタンをクリックして[Application Insights]を選択する。
  (2)Application Insightの識別名を指定する。
  (3)リソースグループを指定する。
  (4)サブスクリプションを指定する。
  (5)[Create]ボタン([作成]ボタン)をクリックすると、Application Insightsが作成される。

 作成完了後、スタートボードに表示されているApplication Insightsのブレードをクリックし、[アプリケーションの健全性]の下にある[All webtests response time(ms)]([すべてのWebテストの応答時間 (ミリ秒)])を選択すると、[テストの作成]画面が表示される。テスト名とURLを指定して、テスト通信を行うサイト、アラート情報を指定するだけでよい。

Application Insightsのダッシュボードで死活監視するサイトを指定 Application Insightsのダッシュボードで死活監視するサイトを指定
pingを発行する場所はAzureのデータセンターから最大3カ所を設定できる。
  (1)テストの名前を指定する。
  (2)テストの種類を指定する。pingによるテストと複数ステップのテストから選択可能。
  (3) pingを実施するURLを指定する。
  (4)テストを実施するデータセンターを指定する。
  (5)成功の条件を指定する。
  (6)失敗/復帰した場合に通知するかどうかを指定する(メール通知も可能)。
  (7)テストを作成する。

 設定完了後、しばらくすると調査が開始される。pingテストに失敗した場合、アラートのメール宛先を指定していれば、pingテストに失敗した場合および、回復した場合のいずれも通知メールが送られてくる。以下のテスト結果の画面を示す。

Application Insightsのダッシュボードに表示されたサイトの死活監視情報 Application Insightsのダッシュボードに表示されたサイトの死活監視情報
  (1)Webテストの概要グラフ。
  (2)可用性の推移グラフ。
  (3)サーバー応答時間グラフ。

 pingの応答時間、可用性、サーバーの応答時間のグラフがポータル画面から閲覧可能だ。

 次にNew RelicとApplication Insightsを使用して性能分析を行う方法を見てみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。