連載
» 2015年01月23日 14時14分 公開

連載:アプリケーションの運用監視:第3回 APIの活用とロードテストの実施 (2/4)

[亀川和史,著]

New RelicのREST APIの活用

 New Relicのポータルを開くことなく、独自にダッシュボードに表示される情報を取得したい場合、REST APIを使えばよい。サンプル(例えば「Listing your app ID and metric data (API v2)」など)ではcurlを使っているが、PowerShell 3.0以降に含まれるInvoke-RestMethodコマンドレットでもREST APIを使って情報を取得可能だ。なお、REST APIを呼び出す前には、まずAPI Keyを取得する必要がある(参考:New Relic APIs)。

REST APIでアクセスするためのAPI Keyを取得する REST APIでアクセスするためのAPI Keyを取得する
  (1)アカウントバーから[Account Settings]−[Integrations]−[Data Sharing]−[API Access]とたどるとAPI Key取得画面が表示される。
  (2) アカウントごとに提供されるAPI Keyがこの下に書かれている。

 PowerShellを起動して、Invoke-RestMethodコマンドレットの引数に取得したAPI Keyを指定すれば、簡単に情報を取得できる。

PowerShellのInvoke-RestMethodコマンドレットによる情報の取得 PowerShellのInvoke-RestMethodコマンドレットによる情報の取得
変数$apikeyには取得したAPI keyを設定する。その後、Invoke-RestMethodコマンドレットにREST APIのURI、メソッドの種類、API keyを渡してやる。

 結果はJSONで返却される。

 次にApplication Insightsでログ出力をカスタマイズする方法を見てみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。