Special
» 2015年06月01日 07時00分 公開

企業の共通業務を効率化するドコモ・システムズのクラウドサービス「dDREAMS」。その安定稼働をOracle Exadataが支えるオラクルの先鋭ソリューションで災害対策、ID管理も実現(3/3 ページ)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

バックエンドのデータベース基盤にOracle Exadataを導入し、高効率、高可用を実現

 以上のような特徴を備えるdDREAMSでは、そのバックエンドでオラクルのさまざまなソリューションが活用されている。具体的には、「Oracle VM」を使って構築された基盤の上で「Oracle Solaris」を実行し、アプリケーション用サーバーとして利用している他、データベース基盤としてOracle Exadataを使用している。

(クリックで拡大)

 また、クラウドサービスを利用する上で課題となることが多いID管理については、社内外、そしてクラウドにまたがるシステムでユーザーIDを共通に管理するために「Oracle Identity Management」を使用する。これにより、ユーザー企業が持つ既存の認証基盤との連携が容易となり、既存IDを使ったシングルサインオンが可能となっている。

(クリックで拡大)

 さらに、災害時に備えた対策としては、データセンター間でストレージの遠隔コピーを実施している他、Oracle Exadataに格納されたデータについては「Oracle Data Guard」によって常時同期を行い、災害発生時の影響を最小限に抑えているという。

(クリックで拡大)

 このように、dDREAMSではOracle Exadataをはじめとするオラクルの各種ソリューションによって効率性や先進性、信頼性が高められていることを説明すると、井尻氏は最後に、「『共通業務を改善したい』『IT投資を戦略的な目的に振り向けたい』と考えるお客さまは、ぜひ私たちにお手伝いさせてください」と呼びかけて講演を締めくくった。

関連情報

関連資料

Oracle Exadataにより、従来のシステム基盤では成し得なかったさまざまなIT改革/ビジネス改革を成し遂げた企業の最新事例をダウンロード資料としてまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

関連記事


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年6月30日

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。