連載
» 2015年06月30日 05時00分 公開

連載:TFVC vs Git:第3回 GitとTFVCのブランチとマージ (4/6)

[亀川和史,著]

TFVCのブランチ

 TFVCのブランチは相互に開発しているソースコードに影響を与えることなく分離して開発するという考え方はGitと同じだが、Gitではローカルにブランチを作成して、作業できるのに対して、TFVCはサーバー上にしかブランチを作成できないという点が異なる。

 TFVCを使っている場合、ローカルで履歴を作って比較したい場合、Auto Historyという拡張機能が使用可能だ。

 TFVCでも「Successful Git」と同様にメインブランチ、developブランチ、featureブランチ、トピックブランチを作ることは可能なので、Gitと同様に作ることをお勧めする。

 では、TFVCでブランチを作ってみよう。

 ソース管理エクスプローラーでブランチの派生元になる場所(通常ソリューションのトップレベルのフォルダー)を右クリックしてコンテキストメニューの[分岐とマージ]-[分岐]を選択する。

TFVCの分岐作成 TFVCの分岐作成
  (1)分岐を作成する。
  (2)マージを実行する。
  (3)通常のフォルダーを分岐に変換する。

 ブランチの名前には分かりやすいものを指定する。ここでは別バージョンを作成するということで、「WebSolutions-feature-branch」という名前にする。

分岐作成ダイアログ 分岐作成ダイアログ
  (1)分岐の名前と作成する位置を指定する。
  (2)分岐の位置を参照する。
  (3)どのバージョンから分岐するか指定する。
  (4)ターゲット項目をワークスペースにダウンロードするかどうか。
  (5)ソースフォルダーをすぐに分岐に変換するかどうか(ソース管理エクスプローラー上でアイコンが変化する)。
  (6)分岐を作成する。
  (7)中止する。

 問題なければ、[OK]ボタンを押して、ブランチを作成する。作成完了後、ソース管理エクスプローラー上の表示は以下の画面のようになっているはずだ。作成しただけではブランチが作成したメンバーのソース管理エクスプローラーで見えるだけで、他のメンバーのソース管理エクスプローラーには表示されない。

ソース管理エクスプローラーでの分岐直後 ソース管理エクスプローラーでの分岐直後
  (1)作成された未チェックインの分岐ツリー(アイコンに注目)。
  (2)保留中の変更が分岐であることを示している。

 ブランチに作業項目を関連付けて、チェックインすることで、他のメンバーもそのブランチをダウンロードできるようになる。チェックインするとソース管理エクスプローラーの表示は次のようになる。

分岐をチェックインした状態のソース管理エクスプローラー 分岐をチェックインした状態のソース管理エクスプローラー
  (1)チェックインするとソース管理エクスプローラー上のアイコンが分岐に変更される。

 チェックイン処理が終了すると、ソース管理エクスプローラー上では分岐のアイコンとして表示される。

 再度ブランチのフォルダーを右クリックするとコンテキストメニューの[分岐とマージ]のサブメニューに新しく項目が追加される。

分岐とマージのメニュー 分岐とマージのメニュー
  (1)分岐を作成する。
  (2)マージを実行する。
  (3)階層表示する。
  (4)分岐をフォルダーに変換する。
  (5)分岐の親を再度指定し直す。

 新規追加された[階層の表示]を使用することにより、グラフィカルにブランチとマージを表示できる。

分岐階層表示画面 分岐階層表示画面
  (1)現在の表示状態をイメージとして保存する。
  (2)現在の表示状態をコピーする。
  (3)分岐の階層を表示する。
  (4)[階層全体]、[先祖と子孫]といった表示方式を変更する。
  (5)どの分岐を表示するかというカスタマイズを行う。
  (6)最新の状態に更新する。
  (7)ソース管理エクスプローラーで開く。
  (8)選択した分岐のプロパティダイアログを表示して、所有者などを表示する。
  (9)分岐を作成する。
  (10)マージを実行する。
  (11)差分比較を実行する。

 ブランチが作成できたので、次にこのブランチに変更を加え、それを元のブランチにマージする手順を見ていこう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。