連載
» 2015年08月24日 05時00分 公開

Unity+ARで何ができるのか(1):Unityでも使える無料ARライブラリVuforiaの基礎知識とライセンス登録、インストール、簡単な使い方 (2/3)

[渡邉清峻,博報堂アイ・スタジオ]

VuforiaをUnityで動かす準備

 前置きが長くなりましたが、これから実際にUnityとVuforiaを用いてARのコンテンツを制作していきます。なお、ここからの説明は、2015年7月13日の原稿執筆時現在のものです。バージョンが上がっている際には適宜読み替えてください。

VuforiaのDeveloper登録

 まず開発者アカウントの登録を行います。VuforiaのDeveloper Portalにアクセスします。

 右上の「Register」をクリックしてください。名前やパスワードなどのデータを登録すればアカウント登録は完了です。

Vuforia SDKをダウンロード

 アカウントを登録した状態で、上のメニューにある「Downloads」を選択します。

図3

 AndroidとiOSとUnityのSDKが表示されていると思いますが、今回はUnityで実行するので、「Download Unity Extension」をダウンロードしてください。「vuforia-unity-mobile-android-ios-4-2-3.unitypackage」がダウンロードできると思います。このパッケージをUnityでインポートすることでSDKは導入できます。

Licence Keyを登録する

 次に、License Keyを登録します。License Keyはアプリごとに作成するもので、「このアプリは無料版を使っているか、有料版を使っているか」ということを認識するために使います。

 VuforiaのDeveloper Portalの上のメニューにある「Develop」を選択してください。

図4

 「License Manager」と「Target Manager」という項目があるので、まずは「License Manager」でLicense Keyの登録を行っていきます。「Add License Key」を選択してください。

図5

 制作する「Application Name」と対応端末、無料版か有料版の選択があると思いますが、今回は携帯端末向けに無料版を使います。「Device」は「Mobile」、「License Key」は「Starter」を選択します。「Next」で進み「Confirm」したら、License Keyの登録は完了です。

図6

 作成したLicense Keyの「Name」を選択すると、その詳細を確認できます。

図7

 このLicense Keyは後でUnity側の設定で使用するので、覚えておいてください。

Databaseを制作、Targetを登録

 Target ManagerはARマーカーの画像を登録する場所で、ここで自分が使用したいマーカー(Target)のデータを編集します。

図8

 「Add Database」から今回使うDatabaseを作成します。「Database」を選択するとDatabase名とマーカーの画像を端末に含むのか、クラウド経由で管理するかを選択します。今回はシンプルにUnityのアセットとして取り込んでいくので、「Device」を選択してください。

図9

 Databaseを制作したら、制作したDatabaseを選択してください。

図10

 この中で登録されたマーカーは全て一つのDatabaseとして管理され、Database単位で取り込むことになります。

 ではTargetも登録していきましょう。「Add Target」を選択してください。

図11

 ここではTargetの「Type」「File」「Width」「Name」と選択していきます。

 「Type」は今回登録するマーカーがどんな形のものであるかを選択するものです。いわゆる平面上の「Single Image」の他に、箱型「Cuboid」、円柱形の形「Cylinder」、「3D Object」と、ありますが、今回は「Single Image」を選択してください。それ以外は、また次回以降説明していきます。

 「File」はマーカーとする画像をそのまま選択します。

 「Width」はマーカーの横幅の大きさで、今回は「100」としておきます。

 「Name」は、そのマーカーの名前ですが、デフォルトでは「File」で選択した画像と同じファイル名が入っています。変えたい場合は直接変えることができます。

 設定が完了したら、「Add」を選択してください。

図12 Databaseにマーカー登録されました

 「Target Name」名の右に現れている星のマークはマーカーの認識しやすさを表し、星が多いほど認識がしやすいということです。通常、平均的な認識率を目指すなら星が4つ以上となるような、特徴点の多い画像を選択してください。

DatabaseをDatasetとしてパッケージ化

 取り込んだDatabaseをDatasetのUnity Packageとして取り込んでいきます。

 取り込みたいマーカーの左側にチェックを付けて、「Download Dataset」を選択してください。プラットフォームを聞かれるので、「Unity Editor」として「Download」を選択してください。

 これでこのDatabaseのUnity Packageがダウンロードできました。

SDKとDatasetの二つのパッケージをインポート

 ここまででVuforiaのSDKのUnity Package、DatasetのUnity Packageの二つのパッケージがダウンロードできていると思うので、VuforiaのSDKのパッケージ、Databaseのパッケージの順番でUnity上に取り込んでください。

図13 パッケージをインポートした結果

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。