連載
» 2015年09月01日 05時00分 公開

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(4):VBAで正規表現や関数を使った入力チェックを行い、Accessに新規レコードを追加、保存するには (5/5)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
前のページへ 1|2|3|4|5       

動作を確認する

 設定した処理が正しく動作するか、確認しよう。まずは「年齢」に文字列を入力してみる。

 すると「数値を入力してください」と表示される(図9)。

図9 「年齢」に文字列を入力したら、警告メッセージが表示された

 次に「郵便番号」に、ケタ数が郵便番号としてはあり得ない数字を入力する。

 すると「郵便番号が不正です」と表示される(図10)。

図10 不正な「郵便番号」で警告メッセージが表示された

 次に「電話番号」に、ハイフンなしの電話番号を入力する。

 すると、図11のように「電話番号が不正です」と表示される。

図11 不正な「電話番号」で警告メッセージが表示された

 では、正しいデータを入力してみよう。

 「年齢」「郵便番号」「電話番号」全てに正規のデータを入力して、「登録」ボタンをクリックすると、図12のようにデータが登録される。

図12 新規データが登録された

 「顧客管理テーブル」に入力したデータが反映されていない場合は、Accessメニューの「全て更新」をクリックすると反映される。

オートナンバーをリセットする

図13 番号が飛んでいる

 図13を見ると、IDが連番にならずに、「11」の次が「17」になっている。これは、データを削除した場合に、削除されたデータのIDから連番が振られるためだ。

 オートナンバーのリセットは、以下の手順で行う。

  1. 「顧客管理テーブル」をデザインビューで開き、「オートナンバーフィールド(ここでは、IDフィールド)」を右クリックして「行の削除」を選択する。
  2. フィールドのデータが失われることの確認画面が表示されるので、「はい」をクリックする。
  3. 「主キー」が削除されることの確認画面も表示されるので、「はい」をクリックする。
  4. 「オートナンバー」フィールドが削除される。
  5. 先頭の行を右クリックして「行の挿入」を選択する。
  6. 挿入した行を「ID」という名前を付けて、データ型に「オートナンバー型」を選択する。
  7. 「フィールドのプロパティ」から、「フィールドサイズ」に「長整数型」、「新規レコードの値」に、「インクリメント」が設定されていることを確認する(デフォルトの設定)。
  8. 「ID」フィールドに「主キー」を設定する。
  9. 「顧客管理テーブル」を保存してダブルクリックして開くと、「オートナンバー」がリセットされて「ID」フィールドが連番から始まっている。

次回予告

 以上でVBEの起動とデータ入力用フォームの作成、VBAを使った入力用コードやデータの検証処理を記述する方法についての解説は終わりだ。

 次回は検索処理について解説する。お楽しみに。

筆者紹介

薬師寺 国安(やくしじ くにやす) / 薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basicプログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。

1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。

1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット「PROJECT KySS」を結成。

2003年よりフリーになり、PROJECT KySSの活動に本格的に参加。.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。

Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindowsストアアプリを多数公開中。


Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)

Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)

Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)

Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。