連載
» 2021年05月12日 05時00分 公開

Windows Updateができない!? ならばMicrosoft UpdateカタログでパッチのダウンロードだTech TIPS

何らかの理由でWindows Updateによる更新プログラムの適用ができない場合は、「Microsoft Updateカタログ」を使って更新プログラムを手動でダウンロードしてインストールできる。その手順と注意点を解説する。

[デジタルアドバンテージ,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

Windows UpdateとMicrosoft Updateカタログの違い

対象:Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016/Windows Server 2019


 「Windows Updateでエラーが発生して新しい更新プログラムの検出に失敗する」「Windows Updateで更新プログラムの適用に繰り返し失敗する」…… こうしたトラブルに遭遇したことはないだろうか?

 そのようなときは、Windows Updateに頼らず、かつMicrosoft公認の方法で更新プログラムを手動で適用する方法がある。それが「Microsoft Updateカタログ」だ。本Tech TIPSでは、このMicrosoft Updateカタログで更新プログラムを入手する方法を説明する。

 この方法は、インターネットに接続されていないネットワーク環境で、更新プログラムを適用する場合にも役に立つ。

Microsoft Updateカタログで更新プログラムをダウンロードする

 「Microsoft Updateカタログ」とは、Microsoftが無償提供している更新プログラムのダウンロード用Webサイトのことだ。更新プログラムにひも付いている「サポート技術情報(Knowledge Base)」の番号(以下、「KB番号」)や、適用対象のOS名やバージョンなどを手動で指定して希望の更新プログラムを検索し、見つかったものをダウンロードできる。後はエクスプローラーで更新プログラムのファイルをダブルクリックして実行すれば、その更新プログラムを適用(インストール)できる。

 Microsoft Updateカタログを利用するには、Webブラウザで以下のWebページを開き、検索ボックスにKB番号を入力して検索してみよう(KB番号が不明の場合は、後述の方法で更新プログラムにひも付くKB番号を確認してから検索すること)。

Microsoft UpdateカタログをWebブラウザで開く Microsoft UpdateカタログをWebブラウザで開く

 検索すると、対応する更新プログラムの一覧が表示される。例えば、「KB5001330」で検索を行うと、2021年4月12日にリリースされた累積的なセキュリティ更新プログラムの一覧を得ることができる。

Microsoft Updateカタログの検索結果 Microsoft Updateカタログの検索結果

 KB番号だけだと、上の画面のように多数の更新プログラムがリストアップされてしまうことがある。そこでOS名やバージョン、プラットフォーム(ビット数)も検索に加えてみよう。例えば64ビット版Windows 10バージョン20H2(October 2020 Update)の場合、「Windows 10」「x64」「20H2」を半角スペースで区切りつつ、検索ボックスに追加して再検索する。32ビット版なら「x86」、ARM版なら「ARM64」をそれぞれ指定しよう(対象OSの名称やバージョン、プラットフォームは、後述の方法で確認できる)。

検索キーワードにOS名などを追加して更新プログラムの候補を絞り込む 検索キーワードにOS名などを追加して更新プログラムの候補を絞り込む

 「結果は見つかりませんでした」と表示され、更新プログラムが一件も見つからなかった場合は、まず追加した検索キーワードが間違っていないか確認する。正しそうならキーワードを減らして再検索して様子を見よう。

●更新プログラムをダウンロードする

 希望の更新プログラムが見つかったら、その項目の右端にある[ダウンロード]ボタンをクリックする。別ウィンドウで[ダウンロード]ページが開くので、更新プログラム名の下にあるリンクをクリックすると、ダウンロードが開始される。ダウンロード先はWebブラウザのデフォルトのダウンロードフォルダである。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。