連載
» 2017年10月11日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10対応】更新プログラムを個別にダウンロードする(Microsoft Updateカタログ編)

Windows 7 SP1向けの更新プログラムをまとめた「ロールアップ」は、「Microsoft Updateカタログ」のみで配布されるなど、Microsoft Updateカタログの重要性が増している。本稿では、Microsoft Updateカタログで個別に更新プログラムをダウンロードする方法を紹介する。Microsoft Updateカタログの仕様変更に合わせて記事を更新した。

[小林章彦, 島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016


更新プログラムの適用が必須のWindows OS

 Windows OS環境で更新プログラムを適用する方法として、筆頭に挙げられるのはWindows Updateだろう。これは全てのWindows OSに標準で装備されていて、自動的に更新プログラムを適用できる便利なツールだ。Windows 10では、ほぼ強制的にWindows Updateによる更新プログラムの適用が行われる仕様となっている。

 しかしWindows Updateでは、適用することなく更新プログラムだけを入手することはできない。例えば動作検証のために手動で更新プログラムを適用したい、あるいはインターネット接続が制限された環境で更新プログラムを展開したい、といった場合、更新プログラムを単体で入手できることが望ましい。

 また、Windows OSを新規インストールした場合やしばらく使っていなかったPCに更新プログラムを適用するような場合も、Windows Updateでは時間がかかってしまうため、事前に更新プログラムをダウンロードして手動適用するとよい(「Tech TIPS:終わらないWindows Updateの問題を解決する(2016年9月版)」参照のこと)。

 さらに、以前に猛威を振るった「WannaCry」などのように、Windows OSの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用するようなウイルスが流行したような場合、それを解消するための更新プログラムをまとめてダウンロードできると作業がはかどるだろう(WannaCryについては、「セキュリティパッチ適用詳説:今すぐできるWannaCry対策」参照のこと)。

更新プログラムを入手する2つの方法

 これに対してMicrosoftは、「ダウンロードセンター」と「Microsoft Updateカタログ」の2つの方法で更新プログラムのダウンロードサービスを提供している。

 ところが、Windows 10向け更新プログラムやWindows 7 SP1のロールアップ更新プログラムはダウンロードセンターでは配布されなくなってしまった(Tech TIPS「Windows 7 SP1向けパッチの集大成『KB3125574ロールアップ』をインストールする」参照)。全プラットフォームで利用できるのは、Microsoft Updateカタログに限られる。このカタログはWindows OSに限らず、Officeやサーバソフトウェア、さらにはデバイスドライバにも対応している。

更新プログラムはMicrosoft Updateカタログで入手できる 更新プログラムはMicrosoft Updateカタログで入手できる
動作検証や展開といった目的のために更新プログラムを適用することなく取得(入手)するには、マイクロソフトダウンロードセンターか、Microsoft Updateカタログが利用できる。

 これまでMicrosoft Updateカタログから更新プログラムをダウンロードするには、Internet Explorer(IE)でページを開くしかなかった。しかしいつの間にか仕様が変更され、IEに専用のActiveXコントロール(IE用アドオン)をインストールする必要がなくなり、IE以外のWebブラウザでも更新プログラムの検索やダウンロードが可能になっている。

 本TIPSでは、Microsoft Updateカタログの利用方法をまとめておく。

Microsoft Updateカタログで更新プログラムを検索する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。