連載
» 2015年09月11日 05時00分 公開

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(26):Windows ServerのDockerサポートとは?――あなたの知らないコンテナーの世界(その1) (4/4)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2|3|4       

コンテナーを試したいならMicrosoft Azureが手っ取り早い

 Microsoft Azureの有効なサブスクリプション(無料評価版を含む)をお持ちの場合は、Azure仮想マシンの「Windows Server Container Preview」テンプレートを利用できます(画面7)。このテンプレートは、Windows Server 2016 TP3のServer Coreインストールをベースに、「SetupContainer.ps1」でセットアップしたのと同等の環境を提供します。Azure仮想マシンの作成が完了すれば、すぐにコンテナーの作成と実行を開始できる環境が手に入ります(画面8)。

画面7 画面7 Azure仮想マシンの「Windows Server Container Preview」テンプレート
画面8 画面8 「Windows Server Container Preview」を選択してAzure仮想マシンを展開すると、「ContainerSetup.ps1」でセットアップしたのと同等の環境がすぐに手に入る

 Microsoft Azureには、Dockerに最適化されたCoreOSのテンプレートや、Dockerを含むUbuntuのテンプレート(こちらは新しいポータルの「Marketplace」でのみ利用可)が用意されています。これらのLinuxベースのDocker環境と同じように、Windows ServerベースのDocker互換環境を展開できるのです。

Nano Serverもコンテナーホストにできる(予定)

 Windows Server 2016を軽量化したリファクタリング版の「Nano Server」は、サーバーの機能「Containers」をサポートする予定です。つまり、Nano Serverは、Windows ServerコンテナーやHyper-Vコンテナー(未提供)を実行するための、コンテナーホストとしてサポートされるということです。

 Windows Server 2016 TP3のNano Server用パッケージフォルダー(インストールメディアのNanoServer\Packages)には、「Microsoft-NanoServer-Containers-Package.cab」が用意されていますが、残念ながら、このパッケージをNano Serverに組み込んでも正常に動作しないようです(画面9)。

画面9 画面9 Nano Server用のContainersパッケージ。ただし、Windows Server 2016 TP3では、このパッケージを組み込んでも正常に動作しない

 Windows ServerコンテナーのベースOSイメージが、9GB以上になることに驚く人は多いのではないでしょうか。例えば、「Docker Hub」から入手できるUbuntuイメージは200MB以下で、Dockerエンジン上のコンテナーでUbuntuのアプリケーション環境を提供できます。一方、「SetupContainer.ps1」の中でダウンロードおよび展開されるWindows ServerコンテナーのベースOSイメージのサイズは、Windows Serverを物理環境にクリーンインストールしたのと大差ありません。

 これは筆者の想像ですが、コンテナーホストとしてNano Serverをサポートするためにこのサイズになったのではないでしょうか。Nano ServerはWindows Serverのリファクタリング版であり、わずか数百MBのサイズしかなく、通常版のWindows ServerのOSファイルの多くを備えていないからです。コンテナーホストが持たないものは、コンテナーのベースOSイメージが提供することになります。

「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 - Sep 2015)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手がける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。