連載
» 2015年10月26日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(6):最大53TBのデータをクラウドにバックアップ――Azure Backup最新情報 (3/3)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2|3       

Azure Backup Serverによるオンプレミスのアプリケーションの保護

 2015年10月、Azure Backupの新しいバックアップシナリオとして「アプリケーションワークロードのバックアップ」がGAとなりました。この新しいバックアップシナリオに対応するコンポーネント「Azure Backup Server」は、Azure Backupのポータルからダウンロードすることができます(画面6)。

画面6 画面6 「アプリケーションワークロード用(Disk to Disk to Cloud)」をクリックすると、Azure Backup Serverのソフトウエアをダウンロードできる

 「アプリケーションワークロードのバックアップ」とは、オンプレミスにAzure Backup Serverをインストールしたサーバーを設置し、オンプレミスの別のサーバーで実行中のSQL ServerやHyper-V、SharePoint、Exchangeのバックアップを「Disk to Disk to Cloud(D2D2C)」でAzure Backupに転送するものです。新しいバックアップシナリオと説明しましたが、実は従来のSCDPMを使用したバックアップシナリオと機能的には変わりません。

 Azure BackupのポータルからダウンロードできるAzure Backup Serverソフトウエアは、System Center 2012 R2のData Protection Managerをベースとしたもので、Azure Backup Server(事実上のSCDPM)のセットアップにAzure BackupエージェントとSQL Server 2014のセットアップを統合したものになっています(画面7)。

画面7 画面7 Azure Backup Serverのインストール。SCDPMベースのサーバーソフトウエアとともに、Azure Backupエージェント(Azure RecoveryServices Agent)とSQL Server 2014が自動展開される

 Azure Backup Serverエージェントのオンプレミスでの展開やバックアップ管理は、SCDPMと共通です(画面8)。System Centerのライセンスを購入することなく、Azure Backupのサービスの料金内で、SCDPMと同等のバックアップサーバー機能を導入できると考えれば分かりやすいでしょう。

画面8 画面8 Azure Backup Serverの管理コンソール。見た目や使い勝手はSystem Center 2012 R2のData Protection Managerと同じ
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 - Sep 2015)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。