連載
» 2015年11月13日 05時00分 公開

インターネットでSMBファイル共有を安心して使える時代が到来?――AzureファイルストレージMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(9)(2/3 ページ)

[山市良,テクニカルライター]

わずか2ステップ! Azureファイルストレージを作成する

 Azureファイルストレージの利用手順の詳細は、以下のドキュメントで説明されています。

 Azureファイルストレージの準備は、Microsoft Azureの新しいポータル(https://portal.azure.com/)を使用する方法と、Azure PowerShellのコマンドレットを使用する方法の二つがあります。ここでは、Webブラウザーだけで準備できる、新しいポータルを使用する方法で試してみます。

ステップ1:ストレージアカウントを作成する

 Microsoft Azureの新しいポータルにサインインしたら、「ストレージアカウント」を新規作成します(画面1)。ストレージアカウントを作成したら、サービスの種類から「ファイル」を選択して、「ファイル共有」→「File shares」のページに進みます。

画面1 画面1 ストレージアカウントを新規作成し、サービスの種類から「ファイル」を選択する

ステップ2:共有名とクォータを設定して、共有フォルダーを作成する

 「File shares」のページでは、「ファイル共有」をクリックして「新しいファイル共有」のページに移動し、「共有名」と「クォータ」(共有フォルダーの上限サイズ)を設定して「作成」をクリックします(画面2)。

画面2 画面2 「新しいファイル共有」のページで共有名とクォータを設定し、共有フォルダーを作成する

 Azureファイルストレージの準備はこれだけで完了です。この時点ですでに、共有フォルダーにアクセスするためのUNC(Universal Naming Convention)名「\\<ストレージアカウント名>.file.core.windows.net\<共有名>」がインターネット上で利用可能になっています。

 なお、新しいポータルでは、作成した共有フォルダーに対して、さらにサブディレクトリを作成したり、ファイルをアップロードしたり、ファイルの参照や削除操作をしたりすることも可能です。

Azureファイルストレージにアクセスする二つの方法

 通常、Windowsの共有フォルダーにアクセスするには、ユーザー名とパスワードの資格情報が必要です。Azureファイルストレージの場合も同様ですが、ユーザー名は「ストレージアカウント名」パスワードは「アクセスキー」になります。これらの情報は、新しいMicrosoft Azureポータルのストレージアカウントの設定から取得することができます(画面3)。

画面3 画面3 新しいポータルを使用して、ストレージアカウントのアクセスキーを取得する

 Azureファイルストレージにアクセスするための、ストレージアカウント名、アクセスキー、UNC名があれば、あとはWindowsの通常の操作で共有フォルダーにアクセスできます。例えば、コマンドプロンプトで次のいずれかのコマンドラインを実行すれば、Azureファイルストレージをローカルドライブにマウントすることが可能です(画面4)。

1 CMDKEY /ADD:<ストレージアカウント名>.file.core.windows.net /USER:<ストレージアカウント名> /PASS:<アクセスキー>

2 NET USE <ドライブ名:> \\<ストレージアカウント名>.file.core.windows.net\<共有名>


または

NET USE <ドライブ名:> \\<ストレージアカウント名>.file.core.windows.net\myfileshareonazure /U:<ストレージアカウント名> <アクセスキー>


画面4 画面4 Azureファイルストレージの共有フォルダーをローカルドライブ(Z:)にマウントする

 もちろん、Windowsエクスプローラーの「ネットワークドライブの割り当て」メニューを使って接続することも可能です(画面5)。

画面5 画面5 Windowsエクスプローラーの「ネットワークドライブの割り当て」を使って、Azureファイルストレージの共有フォルダーをマウントする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。