連載
» 2015年12月08日 05時00分 公開

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(36):ついに日本語版が登場、Windows Server 2016テクニカルプレビューこれまでのまとめ (2/3)

[山市良,テクニカルライター]

Containersのここが新しい──Hyper-Vコンテナーがいよいよ登場

 Windows Server 2016には「Docker」と管理互換のあるWindows Serverのコンテナーテクノロジ「Containers」が実装され、Windowsコンテナーとして「Windows Serverコンテナー」および「Hyper-Vコンテナー」が提供される予定です。

 TP3ではContainersおよびWindows Serverコンテナーの初めてのプレビューが提供されました。これらの機能については、本連載でも4回に分けて解説しました。

 TP4では、いよいよHyper-Vコンテナーの初めてのプレビューが提供されます(画面4)。

画面4 画面4 Hyper-Vコンテナーを作成し、実行しているところ。詳しくは次回解説

 実は、筆者はTP4でHyper-Vコンテナーに実際に触れるまで、Hyper-Vコンテナーに関して大きな誤解をしていました。筆者はこれまで、Hyper-Vコンテナーは仮想マシンを実行可能な「Hyper-Vの役割」を提供するコンテナーだと勘違いしていたのです。実際には、より隔離されたコンテナー環境を提供するために、Hyper-Vの分離環境を利用したコンテナーのことでした。

 Windows Serverコンテナーは、コンテナーごとに個別のアプリケーション実行環境を提供しますが、コンテナーホストとカーネルを共有しています。そのため、コンテナーホストや別のコンテナーとの間と完全に隔離されているわけではありませんでした。

 Hyper-Vコンテナーは、Windowsコンテナーをマルチテナントのホスティングで提供するような環境向けに、セキュリティ的に隔離されたコンテナー環境を提供するものです。コンテナーの作成や管理のエクスペリエンスは、Windows ServerコンテナーもHyper-Vコンテナーも違いはありません(ベースイメージがServer CoreベースかNano Serverベースかという違いはあります)。Hyper-Vコンテナーについては、次回に深く掘り下げたいと思います。

Nano Serverのここが新しい──いろいろと改善、強化されました

 「Nano Server」は、Windows Serverを極限まで軽量化したリファクタリングバージョンです。Nano ServerはTP2で初めてのプレビューが提供され、TP3ではセットアップの簡素化やローカルコンソール「Emergency Management Console」の追加が行われました。本連載の以下の回で説明した通りです。

 TP4では、スクリプトを使用したセットアップのコマンドラインが上記の記事から変更されていることに注意してください。また、TP3までは、Hyper-V、ファイルサーバー、フェールオーバークラスタリング、Windows Defenderの役割と機能をサポートしていましたが、TP4ではさらにIIS Webサーバー、DNSサーバー、Containers(Hyper-Vコンテナーのみ)、PowerShell DSC、データセンターブリッジング、System Center Virtual Machine Managerエージェントなど、サポートする役割と機能が増えました。Nano ServerのContainersサポートについては、次回に説明する予定です。

 TP3で追加された「Emergency Management Console」は、TP4から「Recovery Console」に名前が変わりました。以前はネットワーク情報の参照機能しかありませんでしたが、TP4からはIPアドレスの設定やWindowsファイアウォールの規則の有効化/無効化ができるようになっています(画面5)。

画面5 画面5 Nano ServerのローカルコンソールであるRecovery Consoleは、IPアドレスの設定やWindowsファイアウォールの規則の有効化/無効化に対応

 なお、Windows Server 2016 TP4の日本語版インストールメディアを使用してNano Serverのイメージを作成すると、Recovery Consoleで日本語が文字化けするという既知の問題があります。この問題を回避するには、英語版インストールメディアを使用してNano Serverのイメージを作成します。詳しくは、筆者の個人ブログにまとめてありますので参考にしてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。