連載
» 2015年12月08日 05時00分 公開

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(36):ついに日本語版が登場、Windows Server 2016テクニカルプレビューこれまでのまとめ (3/3)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2|3       

MultiPoint Serivesのここが新しい―─管理コンソールがフラットデザインに

 Windows Server 2016の「MultiPoint Services」は、教育現場向けの製品「Winodws MultiPoint Server 2012 Premium」の機能を、Windows Serverに統合した新しい役割です。本連載では、3回に分けて説明しました。

 TP4においてMultiPoint Servicesに大きな新機能の追加はないようですが、「MultiPointマネージャー」と「MultiPointダッシュボード」の二つの管理コンソールのGUI(Graphical User Interface)が、Windows 10やWindows Server 2016のフラットデザインに変更されています(画面6)。もちろん、日本語環境にも完全対応しています。

画面6 画面6 「MultiPointマネージャー」と「MultiPointダッシュボード」がフラットデザインに

フェールオーバークラスターマネージャーのワークグループ構成対応

 Windows Server 2016では、ワークグループ構成およびマルチドメイン構成のフェールオーバークラスターがサポートされます。本連載の以下の記事で説明した通り、TP3ではWindows PowerShellを使用してクラスターの作成と管理を行う必要がありました。

 TP3までの「フェールオーバークラスターマネージャー」は、Active Directoryのドメインアカウントで実行する必要がありましたが、TP4ではローカルアカウントによる実行が可能になりました(画面7)。

画面7 画面7 「フェールオーバークラスターマネージャー」もワークグループ構成に対応
「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手がける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。