連載
» 2015年12月14日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(47):Windows Update for Businessってどうなったの? (2/2)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

Windows Update for Businessは、WSUSとともには機能しない

 Windows Server 2012およびWindows Server 2012 R2のWSUS(WSUS 4.0)は、以下の修正プログラム「KB3095113」を適用することで、Windows 10 バージョン1511以降の機能アップデートに対応します。Windows Server 2008 R2以前やWindows Small Business Server 2011に含まれるWSUS 3.0 Service Pack(SP)2は、Windows 10の機能アップデートには対応しません。

 Windows Update for Businessを利用する場合は、極めて重要な点が一つあります。それは、WSUS 4.0(KB3095113を更新済みであっても)やSystem Center 2012 R2以前のConfiguration Managerとの組み合わせでは機能しないということです。

 WSUS 4.0と組み合わせた場合、つまり「Windows Update¥イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する」ポリシーが構成されている場合には、“「アップグレードおよび更新を延期する」ポリシーは無視される”と公式ブログでは説明されています。System Center 2012/2012 R2のConfiguration ManagerにおけるWindows 10のサポートは、Windows 10の初期リリースバージョン(ビルド10240)を2016年2月までと、Windows 10 Enterprise 2015 LTSBまでとなっています。

 Windows Update for Businessの対象となるのは、Windows Updateに直接(またはプロキシサーバー経由で)接続するWindows 10 バージョン1511以降です。次に説明する最新バージョンのSystem Center Configuration ManagerおよびMicrosoft Intuneでは、Windows Update for Businessがサポートされます。

大規模環境はMicrosoft Intuneまたは次期Configuration Managerでリングをコントロールできる

 マイクロソフトのクライアントPC/モバイルデバイス管理サービスである「Microsoft Intune」では、モバイルデバイス管理(MDM)機能を利用して、Windows Update for Businessに対応できるようです。すでに利用可能なのか、今後、利用可能になるのかを筆者は確認していません。

 先日リリースされたばかりの最新のSystem Center Configuration Manager バージョン1511(2015年12月リリース)は、Windows Update for BusinessおよびWindows 10 Enterprise LTSBの管理に完全対応しており、更新サイクルを「展開リング」(Ring)で制御できるようになっています(画面4)。具体的には、CBへ新しいビルドを展開するまでの日数を0〜120日、CBB(CBの4カ月後)へ新しいビルドを展開するまでの日数を0〜120日の範囲で、1日単位で調整することができます。

画面4 画面4 System Center Configuration Manager バージョン1511の「Windows 10のサービス」機能。サービスプランを作成して、デバイスコレクション(コンピューターのグループ)ごとにCBとCBB、およびCBBのスケジュールを細かく制御できる

 なお、今回リリースされたSystem Center Configuration Manager バージョン1511は、Windows as a Serviceとして提供されるWindows 10と同じように更新ブランチの考えが取り入れられ、最新のIT環境に合わせて継続的に機能強化されていく予定です。これとは別に、System Center 2016のConfiguration Managerが、CBBに相当するバージョンとして他のSystem Center 2016のサーバーと合わせて提供されることになる予定です。

 Windows 10が企業クライアントOSの標準として本格的に採用されるのは、このような周辺サービスが対応し、問題なく運用できるということを自社の評価環境や先行ユーザー事例で確認できてからになるでしょう。ですから、それまでには、まだしばらく時間がかかるかもしれません。

 Windows Update for Businessの公式ドキュメントも先日公開されたばかりです。十分な検討、検証をお勧めします。

 少なくとも、企業のクライアントPCをコントロールできないCBで運用するのでは、現場は仕事にならないでしょう。Windows 10 バージョン1511がリリースされてからの1カ月、CBのPCには毎週のように累積的な更新プログラムが配布され、再起動が要求されました(画面5)。CBBで更新の延期を構成したPCには、その間、「Windows Defender」の定義ファイルの更新のみが配布されました(画面6)。

画面5 画面5 Windows 10リリース後3週間で再起動を伴う累積的な更新プログラムが3回提供された。安定稼働のためには、CBBを選択し、さらに日々の更新をWindows Update for Businessで制御することが必要
画面6 画面6 CBBで更新の延期を4週間に構成したPCには、Windows Defenderの定義の更新のみが配布された(2015年12月9日現在)

 クライアントPCの安定的な運用のためにはCBBが必須になるでしょう。Windows Update for Businessなら、さらなる安定運用を望めそうです。

2016年8月18日追記

 2016年8月17日(日本時間)より、WSUS 4.0でWindows 10 Anniversary Update(Windows 10 <エディション>、バージョン 1607、<言語名>の機能更新プログラム)の展開が可能になりました。WSUS 4.0でWindows 10 Anniversary Updateを配布するには、WSUSに更新プログラムKB3159706が適用されている必要があります。

 また、この記事では「Windows Update for Businessは、WSUSとともには機能しない」としていますが、実際には共存できるようです。簡単な検証結果を筆者の個人ブログに掲載しました


「その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。