連載
» 2016年01月08日 05時00分 公開

Vuforiaで立体をARマーカーにしてスケスケ&動画再生Unity+ARで何ができるのか(2)(2/4 ページ)

[渡邉清峻,博報堂アイ・スタジオ]

円柱や円すいなどの「Cylinder」ターゲットの設定

 Cylinderターゲットでは円柱や円すいなどのターゲットを使えます。このターゲットは上面、側面、底面の三つのマーカーを登録できます。ターゲットを設定する際には上面の半径(Top Diameter)、側面の高さ(Length)、下面の半径(Bottom Diameter)を設定します。

図6

 Cuboidターゲットと同じようにターゲットを選択すると、3Dオブジェクトと展開図が表示されます。各面にマーカーを登録していきます。上面、下面の画像はなくてもターゲットとして機能します。

図7

 設定後、Cuboidと同じようにUnityに取り込んでいきます。Cylinderの場合、Targetは「Cylinder Target」を使います。Cuboid同様に設定し、実行してみます。

図8

 AR表示できました。

図9

 CylinderのターゲットもCuboid同様、どの面から見ても認識されることになります。

Vuforiaの多彩なサンプルをダウンロード

 次はサンプルを用いてVuforiaで実現できるARの表現を見ていきます。

 まずはサンプルのダウンロードからです。「Vuforia Developer Portal」の「Downloads」を選択し、「Samples」を選択してください。

 いくつかのサンプルが一覧で表示されます。「Core Features」は基本的なサンプル、「Advanced Topics」は発展的なサンプルという位置付けです。

 今回は「Advanced Topics」から「Occlusion Management」「Video Playback」を選んで説明します。「Download for Unity」でダウンロードしてください。

 次からの項目はそれぞれ独立しているので、自分が「作りたい!」というものから取り組んでください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。