連載
» 2016年01月12日 05時00分 公開

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(8):初心者でも絶対に始められるiPhoneアプリの作り方&Xcode・シミュレーターの使い方 (5/5)

[諏訪悠紀,アンダースコア]
前のページへ 1|2|3|4|5       

アプリを実行してみよう

 Xcodeプロジェクトからアプリをビルドし、iOSシミュレーター上で実行してみましょう。ツールバーの中にある「Run」ボタン(右向き三角のマーク)をクリックすると、アプリのビルドが行われiOSシミュレーター上でアプリが起動します。

アプリの実行ボタン

 アプリのビルドに成功すると「Build Succeed」と表示されます。

アプリのビルドの成功

 アプリのビルドが終わると、iOSシミュレーターが起動し、Xcodeワークスペースより手前に表示されます。アプリには、まだ何の画面上に表示できる要素を配置していないので、真っ白な画面が現れます。

 先ほど記述した「print("アプリが起動したよ!")」というプログラムは実行されますが、アプリの画面上には表示されません。なぜなら、「print」の機能は「コンソールに文字列を出力する」ものであるためです。「print」の出力結果は、「コンソール」を開くことで確認できます。アプリを実行すると、Xcodeワークスペースの下に自動的に表示されるはずです。確認してみてください。

コンソールの表示

自分のiPhoneで実行してみよう

 もし手元にiPhoneがある場合は、iPhoneにもインストールしてみましょう。

 Xcode上で作った自分のアプリを実機(iOSシミュレーターではない、実際のデバイス)で実行するには、以前は「iOS Developer Program」に有料登録する必要がありました。しかし現在ではApple IDでサインインするだけで、誰でも無料で実行できます。

 自分のアプリを実機で実行するには、まず実機をMacにUSBで接続しましょう。すると、Xcodeのツールバーの「Scheme」メニューに自分の実機が選べるように表示されます。

Schemeの変更

 実機が選ばれた状態で「Run」ボタン(右向き三角のマーク)をクリックすると、作ったアプリが実デバイス上で実行されます。実際のiPhone上で動きを確認したいときに使うようにしましょう。

iPhoneアプリ作成は、Xcodeの操作も重要

 今回から、いよいよiPhoneアプリの作成に入りました。Playgroundで行っていたプログラミングとはまた違う、画面上の操作が多かったと思います。このように、iPhoneアプリ作成はプログラミングだけではなく、Xcodeの操作に関するスキルもかなり重要です。

 次回以降も、Xcodeの機能の使い方をiPhoneアプリの作成を通して解説していく予定です。初めから全てを覚えるのは難しいので、必要なところから少しずつ習得していきましょう。

 次回は、アプリの“画面”の作成を行います。お楽しみに!

著者紹介

諏訪悠紀

アンダースコア株式会社でiOS/Androidのアプリ開発に携わっています。


ブログGoogle Play StoreiTunes App Store


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。