連載
» 2016年01月20日 05時00分 公開

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(5):AccessでSQLのLIKE演算子を使って「あいまい検索処理」の機能を実装する方法 (2/3)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

検索結果の一覧を確認するリストボックスを配置する

 「コントロール」の「リストボックス」を選択し、フォーム上にリストボックスを設置したい場所を選択すると「リストボックスウィザード」が起動するので、その手順に従う。この手順の詳細は第2回「Access VBAでデータ入力フォームを作り、各コントロールを追加するためのデザインビューの使い方」で解説しているので、そちらを参照してほしい。「リストボックス」の名前は、プロパティシートの「その他」タブから、「検索結果リストボックス」としておく。

photo 「リストボックスウィザード」設定の流れ(再掲)

 次に、「リストボックス(検索結果リストボックス)」を選択し、プロパティシートから「書式」タブを選択する。列見出しは「はい」とし、フォント名は「Meiryo UI」、フォントサイズは「12」を選択する。併せて、デザインフォーム上に配置した「リストボックス(検索結果リストボックス)」の幅も、フォームの横幅いっぱいまで広げておこう。

列幅を設定する

 この状態で「データ検索フォーム」を実行しても、まだ「列幅」がうまく設定されていないので具合が悪い。

ラベル名の列幅 値(cm)
ID 0.979
氏名 2.542
性別 1.27
年齢 1.00
郵便番号 2.50
住所 5.50
電話番号 2.542
表2 「列幅」の値

 「列幅」の設定も、プロパティシートで行う。デザインビュー画面に戻り、「リストボックス(検索結果リストボックス)」を選択。「書式」タブに「列幅」という項目があるので、ここで設定する。表2のような値を「列幅」にセミコロン(;)で区切って指定するといい。

 最後に「結果リストボックス」の上部に、検索結果の数を示す「検索結果個数ラベル」を配置する。他と同様に、プロパティシートの書式タブから、フォント名は「Meiryo UI」、フォントサイズは「12」、フォントの太さは「普通」に設定。標題は「(空欄)」にしておく。「その他」タブで、名前を「検索結果個数ラベル」と指定する。

 以上で各コントロールの配置と設定は完了だ。

 フォームの背景色が白では味気ないので、何か別な色を設定してもよいだろう。背景色の変更は、デザインビューからフォーム全体を選択し、「プロパティシート」の「書式」内の背景色から行える。今回は「Access テーマ 2」を選択してみた。すると、冒頭で示したコントロールの配置例 図2のように、背景色が「薄青系統」で表示される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。