連載
» 2016年02月04日 05時00分 公開

えんじにあ解体新書(5):「クイズ$ミリオネア」に学ぶ、仕事の進め方〜仕事術の「りある」 (2/3)

[左門至峰,@IT]

優先順位付けに役立つ「50:50」

 仕事は山ほど降ってきます。しかし、納期や費用などの理由で対応できない仕事もありますし、答えのない仕事や、堂々巡りしているような仕事もあります。

 そんなときは、無駄な仕事を切り捨てましょう。活用するのはライフラインの「50:50」です。

 「クイズ$ミリオネア」で回答者が「50:50」を使うと、4つの選択肢から不正解の選択肢2つが削除され、選択肢が2つに絞られます。その結果、2者択一になり、正解する確率が50パーセントになります。

 ではここで、SEの皆さんを対象にしたアンケートを紹介します。質問は、「やりきれないほど大量の仕事を振られたら、どう対処しますか?」です。

やりきれないほど大量の仕事を振られたら、どう対処しますか?


アンケート結果

順位 項目 項目 票数
1 受ける がんばってやりきる 17
2 質を落としてやる(流れに任せる) 17
3 やれるところを明確にしたり、優先順位を決めたりするなど、上司と交渉する 28
4 受けるが、他人に振る 6
5 受けない きっぱりと断る 24
6 その他・無回答 11
出典:SE100人に聞いたシステムエンジニアの仕事 - 仕事内容とその魅力〜「大量の仕事を振られたら、どう対処しますか?
調査方法:左門至峰による独自調査(マクロミルモニタを利用)
調査対象:全国20〜59歳のシステムエンジニア
調査期間:2014年5月
有効回答数:103サンプル

 仕事を受けるかどうかという点では、大半の人が「受ける」と答えています。「断れない」という方が正確かもしれません。

 でも、先輩SEのやり方は、「1」の「がんばってやりきる」だけが答えではありません。「2」の「質を落としてやる(流れに任せる)」を選択した人が同じ数いました。具体的には、「適度に減速する(39歳男性)」などです。そもそも無理な仕事を押し付けられているわけですから、これは致し方ないことかもしれません。

 アンケートの回答で一番多いのは、「3」の「やれるところを明確にしたり、優先順位を決めたりするなど、上司と交渉する」です。

 具体的には「優先順位を付ける(50歳男性)」「作業工程の見積もりを出し、達成不能にならないように早め早めに報告し、対策や援助を求めるようにする(51歳男性)」「優先度を付け、どの仕事がいつまでに必要かを確認し、無理な物については他の人に手伝ってもらえないか相談する(34歳女性)」などです。

 無理な仕事は上司と調整すべきですし、お客さまの言うこと全てに「Yes」で答えるのが正解ではありません(「タダでやれ」と言われても困りますよね)。

 時には「5」のように、きっぱりと断ることも大切です。

 具体的には、「上司を納得させるだけの物、状況をそろえて正確に説明する。(40歳男性)」「自分が努力してできる部分、できない部分を上司に説明して、できないものはできないという意思を伝える(37歳男性)」などがありました。

 サラリーマンが仕事を断ることは簡単ではないでしょう。でも、「50:50」を使って関係のない選択肢を切り捨ててもらう(=優先度の低い仕事を断る)ことで、今やっている仕事に全力投球できたりもするのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。