連載
» 2016年02月15日 05時00分 公開

DRBDの仕組みを学ぶ(7):今こそ真剣に考える「災害対策システム」──クラウドと「DRBD Proxy」ですぐ構築する方法 (2/3)

[澤田健,株式会社サードウェア]

DRBDとDRBD Proxyをインストールする

 OSのインストールと専用領域の準備が終わったら、DRBDとDRBD Proxyをインストールしていきます。

 DRBDのインストール手順も前回までに解説しましたが、今回は、DRBD Proxyを使うために手順が少し異なりますので、あらためて解説します。インストール手順とライセンス登録は、特に指定がない限り、一号機と二号機の両方で実行してください。

リポジトリの追加

 まず、リポジトリを追加します。

 DRBD Proxyの30日間無償ライセンスを申し込むと、「専用リポジトリ」の文字列が返送されてきます。この文字列を含めた「linbit.repo」というファイルを作成し、/etc/yum.repo.d/へ保存します。こちらは、viなどでlinbit.repoを作成し、直接記載しても問題ありません。

[drbd-proxy-3.2]
name=LINBIT Packages for drbd-proxy-3.2 - $basearch
baseurl=http://packages.linbit.com/<ハッシュキー>/yum/rhel7/drbd-proxy-3.2/$basearch
enabled=1
gpgcheck=0
[drbd-8.4]
name=LINBIT Packages for drbd-8.4 - $basearch
baseurl=http://packages.linbit.com/<ハッシュキー>/yum/rhel7/drbd-8.4/$basearch
enabled=1
gpgcheck=0
作成する「linbit.repo」の内容。<ハッシュキー>の部分はユーザー個別の文字列になります

DRBDとDRBD Proxyをインストールする

 続いて、DRBDとDRBD Proxyをインストールします。

# yum install drbd kmod-drbd drbd-proxy
DRBDとDRBD Proxyをインストールするコマンド

DRBD Proxyのライセンスを登録する

 DRBD Proxyライセンスを登録します。DRBD Proxyの30日間無償ライセンスを、「drbd-proxy.license」という名前に変更して、/etc/に配置します。

# cp drbd-proxy.license /etc/
# chown drbdpxy:drbdpxy /etc/drbd-proxy.license

DRBD Proxyの設定を行う

 次はDRBD Proxyの設定をしていきます。ここでも、特に指定がない場合は一号機、二号機の両方で実行します

 DRBD Proxyの設定も、DRBD設定と同様/etc/drbd.d/に「r0.res」というファイルを新規作成します。記述例は以下の通りです。

resource r0 {
        protocol A;
        device minor 0;
        meta-disk internal;
        net {
                shared-secret "Replication2theCloud!";
                verify-alg sha1;
                csums-alg sha1;
        }
        proxy {
                memlimit 500M;
                plugin {
                        zlib level 9;
                }
}
        on bk-proxy1 {
                disk /dev/sdb1;
                address 127.0.0.1:7789;
                proxy on bk-proxy1 {
                        inside 127.0.0.1:7788;
                        outside 10.0.0.1:7788;
                }
        }
        on bk-proxy2 {
                disk /dev/xvdc1;
                address 127.0.0.1:7789;
                proxy on bk-proxy2 {
                        inside 127.0.0.1:7788;
                        outside 10.0.0.2:7788;
                }
        }
}

 diskは、DRBD専用の領域を指定してください。ここで記述した主な設定項目は以下の通りです。

項目名 内容
protocol レプリケーションモードを指定します。DRBD Proxyを使う場合は「A」を指定します
meta-disk メタデータの場所を指定します。同じディスク内にある場合はinternalを指定します
net ここでは暗号化に関する設定をしています。暗号化以外の設定も可能です。「Replication2theCloud!」は任意の文字列で構いません
proxy DRBD Proxyのメモリの使用量とデータ圧縮形式を指定しています
on <ホスト名> DRBDとDRBD Proxyで同期するサーバのホスト名とIPアドレスを記載します。同期元と同期先、二つのサーバ情報と使用するディスク(パーティション)を記載します

 メタデータを作成します。

# drbdadm create-md r0 

 続いて、DRBD Proxyを起動します。

# systemctl start drbdproxy 

 そしてDRBDも起動します。

# drbdadm up r0

 catコマンドで、DRBDの接続確認を行います。

# cat /proc/drbd
photo catコマンド実行後、「cs:Connected」となっていれば正しく動作しています

DRBDを初期化する

 初回の同期を実施します。こちらはプライマリ機にする一号機のみで実行します。

# drbdadm --force primary r0

 同期の進行状況は、以下のコマンドで確認できます。

# cat /proc/drbd

 このコマンドを実行すると「初期同期確認状況」が表示されます。cs:Connectedro:Primary/Secondaryという文字列を確認できたら初期同期は完了です。

photo catコマンド実行後、「cs:Connected ro:Primary/Secondary」の文字列が確認になったら初期同期は完了です

 初期の同期が完了したら、DRBDのデータ領域をフォーマットします。こちらはプライマリ機である一号機のみで実行します。

# mkfs.xfs /dev/drbd0

 最後に、バックアップデータを保存するディレクトリを作成し、その領域をマウントします。

# mkdir /backup
# mount /dev/drbd0 /backup

 今回は、/backupをバックアップ保存領域としました。こちらは、自身が運用する環境に応じて変更が可能です。

 これで構築は完了です。次のページより、試用と実運用のテクニックを解説します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。