連載
» 2016年03月04日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(53):あなたのOfficeはどのリリース? Office 365 ProPlusのバージョンの謎 (2/2)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

2015年からOffice 2016バージョンのOffice 365 ProPlusを使っているけど?

 Office 2016バージョンのOffice 365 ProPlusを、2016年2月よりかなり前から使っているというユーザーもいるでしょう。それは、Office 365サブスクリプションの管理者が、First Release for Deferred Channel(旧称、First Release for CBB)の利用を許可しているからです。

 Office 365 ProPlusの展開方法には、Officeポータルからユーザー自身でダウンロードしてインストールする方法と、「Office 2016 Deployment Tool」を使用して、社内のネットワーク共有上にインストールソースをダウンロードして準備し、ネットワーク共有からインストールする方法があります。

 Office 365サブスクリプションでは、既定でDeferred ChannelのOffice 365 ProPlusをOfficeポータルに公開する設定になっています。First Release for Deferred Channelを許可するには、Officeポータル(https://portal.office.com/)の「Office 365管理センター」で「サービス設定」の「更新」を開き、「先行リリース」オプションを構成します。

 「先行リリース」オプションでは、組織全体または特定のユーザーに対して、次に予定されているDeferred Channelリリースを先行的に導入することができます。2016年2月以前は、この方法でOffice 2013バージョンの代わりに、2016年2月から提供予定のOffice 2016バージョンを提供することができました(画面4)。

画面4 画面4 「先行リリース」オプションを構成して、次のDeferred Channelリリースを先行的にOfficeポータルで利用可能にできる

 なお、2016年2月以降のDeferred Channelにおいても、1年間の期間限定でOffice 2013バージョンのOffice 365 ProPlusを引き続き利用することが可能です。Officeポータルでは、Office 365 ProPlusのダウンロードサイト(前出の画面2の下画面)にある「Office 2013の入手方法」をクリックすることで、Office 2013バージョンのOffice 365 ProPlusをダウンロードしてインストールすることができます。

 Office 2016 Deployment Toolを使用してOffice 365 ProPlusを展開する場合は、インストール用の構成ファイル(configuration.xml)にBranch属性を定義することで、更新ブランチを指定することが可能です。この方法の場合は、Office 365 ProPlusでもCurrent Channelで利用させることが可能です(前出の画面1の右)。

Office 2016へのアップグレードをブロックするには?

 アプリケーションの互換性問題があったり、Office 2016の品質に不安を感じたりしている場合は、2017年2月まではOffice 2013バージョンのOffice 2013 ProPlusの利用を継続することができます。しかし、ユーザーが「新しいOfficeをインストールしましょう」メッセージの「Officeの更新」をクリックして、アップグレードしてしまうかもしれません。

 これを防止するには、「グループポリシー」を利用してOffice 2016への自動的なアップグレードをブロックします。ブロックするためのポリシー設定は、Office 2013用の管理用テンプレートが提供します。Office 2013用の管理用テンプレート(.admxおよび.adml)は、次のWebサイトからダウンロードできます。

 グループポリシーでは「コンピューターの構成¥管理用テンプレート¥Microsoft Office 2013(マシン)¥更新¥Enable Automatic Upgrade」を「無効」に設定し、クライアントPCに適用します(画面5)。

画面5 画面5 Office 2013からOffice 2016への自動的なアップグレード(通知からの更新)をブロックするには、「Enable Automatic Upgrade」ポリシーを「無効」に設定する

Office 365 ProPlusの更新ブランチとバージョンのまとめ

 最後に、Office 2016バージョンのOffice 365 ProPlusの更新チャネルと、2016年2月末時点の各チャネルの最新バージョンについてまとめておきましょう。以下の表1は、各チャネルの開始日とバージョン、これまでの更新内容を数で示したものです。

表1 表1 更新チャネルごとに最初のリリースと2016年2月末時点のバージョンをまとめたもの

 更新バージョンのリリース状況と詳細な更新内容については、以下のWebページでチャネルごと、年月ごとに確認できます。日本語版のページ(「en-us」の部分を「ja-jp」に置き換えたURL)も存在しますが、日本語化されるまでタイムラグがあるため、最新情報を入手するには英語のページで確認してください(画面6)。

画面6 画面6 Office 365 ProPlusの更新のリリース状況と内容については、「Office 365 client update channel releases」で確認できる

 Current Channelには新機能が随時追加されていますが、まだ始まったばかりのDeferred Channelと、その先行リリースであるFirst Release for Deferred Channelには新機能が追加提供されていないことに注目してください。

 今後、Deferred Channelには4カ月ごとに、新機能を含む更新バージョンが提供されることになっています。First Release for Deferred Channelを選択している場合は、次のDeferred Channelに搭載予定の新機能が間もなく先行的に提供されることになるでしょう。

 以下の図1に、Office 365 ProPlusの更新サイクルの、これまでの実績とこれからの予定(筆者の予想)をイメージ化してみました。Office 365 ProPlusではないOffice 2016製品は、全てCurrent Channelと考えてください。

図1 図1 更新チャネルごとのリリースサイクルを筆者なりにイメージ化してみた(※2016年3月上旬にリリースされた更新バージョンを反映。First Release for Deferred Channelは自動的にDeferred Channelに移行するようだ)

追加情報(2016年3月9日追記)

 マイクロソフトはCDNを通じた自動更新によるOffice 2013バージョンからOffice 2016バージョンへのOffice 365 ProPlusのアップグレードの提供を既に開始しています。対象範囲を徐々に広げ、2016年3月末までに完了する予定です。

 既に自動更新によるアップグレードの準備が始まっている場合、自動アップグレードのためのOffice 2016バージョンのダウンロードがバックグラウンドで既に実行されている可能性があります。既にダウンロードが始まっている場合、「Enable Automatic Upgrade」ポリシーによる自動アップグレードのブロックは間に合わない可能性があります。

 意図せず、Office 2016バージョンに入れ替わってしまった場合は、Office 365 ProPlusをアンインストールして、Office 2013バージョンのOffice 365 ProPlusをインストールすることで対処できます。

version


「その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。