連載
» 2016年03月07日 05時00分 公開

5分で絶対に分かるWAF5分で絶対に分かる(5/6 ページ)

[齊藤和男(ジェイピー・セキュア),@IT]

4分 –WAFの種類

 ここではWAFの種類を、ライセンスと提供形態の観点から説明します。

 ライセンスの点で見ると、WAFには「商用製品」と「オープンソース」があります。「商用製品」の場合、ユーザーインタフェースやマニュアル、検査に用いるルール作成・提供などのサポートが充実しています。一方、「オープンソース」は、ライセンスに従えば無償で使用できます。

 提供形態の点で見た場合は、大きく分けて三つあります。「ソフトウェアとして動作するWAF」「アプライアンス(専用ハードウェア、仮想アプライアンス)として動作するWAF」「サービスとして提供されるWAF」の三つです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。