連載
» 2016年03月15日 05時00分 公開

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:第1回 Apache Cordovaでできること (4/6)

[山本康彦,BluewaterSoft/Microsoft MVP for Windows Development]

デバイスごとの実行方法

 先ほどは、Rippleエミュレータを使ってAndroidのNexus (Galaxy)デバイスをエミュレートした。その他のデバイスをエミュレートする方法を紹介しておこう。

 デバッグ実行するデバイスを切り替えるには、メニューバー直下の2つのドロップダウンを使う(次の画像)。左側でプラットフォームを選び、右側でデバイスを選択するのだ。ビルド時には、ここで指定したプラットフォームとデバイスに合ったパッケージが生成される。

デバイスを切り替える2つのドロップダウン デバイスを切り替える2つのドロップダウン

 プラットフォームのドロップダウン(上の画像で開いている方)では、以下のプラットフォームを選択できる。

  • [Android]: Androidのスマートフォン/タブレット
  • [iOS]: iPhone/iPad
  • [Windows Phone (Universal)]: Windows 10搭載スマートフォン
  • [Windows Phone 8]: Windows Phone 8.x
  • [Windows-AnyCPU]/[Windows-ARM]/[Windows -x64]/[Windows -x86]: Windows 8.1([Windows-AnyCPU]はCPUに依存しないパッケージが作られ、その他はそれぞれのCPUに依存したパッケージが作られる)

 Windowsだけ大きく3つに分かれているが、これはそれぞれでパッケージの形式が違うためである。

 それぞれのプラットフォームごとに選択できるデバイスを簡単に紹介しておこう(デバイスごとの細かな分類は省略する)。

[Android]:(次の画像)

  • [デバイス]: Androidデバイスの実機を接続して使う
  • [Google Android エミュレーター]: グーグル製のエミュレータ
  • [VS Emulator]: マイクロソフト製のエミュレータ。これは、インストールしてある場合だけに表示される
  • [Ripple]: Google Chrome上で動くエミュレータ
[Android]に用意されているデバイス [Android]に用意されているデバイス

[iOS]:(次の画像)

  • [ローカル デバイス]/[リモート デバイス]: 実機を使って実行する。この機能を使うにはリモート接続したMacが必要
  • [Ripple]: グーグル製のエミュレータ
  • [シミュレーター]: この機能を使うにはリモート接続したMacが必要

 Windowsだけで開発する場合、利用できるのはRippleだけである。

[iOS]に用意されているデバイス [iOS]に用意されているデバイス

[Windows Phone (Universal)]:(次の画像)

  • [Mobile Emulator]: Windows 10搭載のスマートフォンのエミュレータ。これは、インストールしてある場合だけに表示される
  • [デバイス]: Windows 10搭載のスマートフォンの実機を接続して使う
[Windows Phone (Universal)]に用意されているデバイス [Windows Phone (Universal)]に用意されているデバイス
これは、Windows 10を搭載したスマートフォン(いわゆる「Windows 10 Mobile」)用のUWPアプリがビルドされる。

[Windows Phone 8]:(次の画像)

  • [デバイス]: Windows Phone 8.xの実機を接続して使う
  • [Emulator]/[エミュレーター]: Windows Phone 8のエミュレータ。これは、インストールしてある場合だけに表示される
[Windows Phone 8]に用意されているデバイス [Windows Phone 8]に用意されているデバイス
これは、Windows Phone 8用のストアアプリ(Windowsランタイムアプリ)がビルドされる。

[Windows](4種):(次の画像)

  • [シミュレーター]: Windowsのシミュレーター
  • [ローカル コンピューター]: Windows上でそのまま実行する
  • [リモート コンピューター]: ネットワーク経由で接続したWindows 8.1/RTまたは10で実行する
  • [デバイス]: USB経由で接続したWindows 8.1/RTデバイスで実行する(Windows 10では利用できないようである)
[Windows](4種)に用意されているデバイス [Windows](4種)に用意されているデバイス
これは、Windows 8.1用のストアアプリ(Windowsランタイムアプリ)がビルドされる。PC用のWindows 10でも動作する。

 ここまではテンプレートから作成されたプロジェクトをそのまま実行しただけだった。次に実際にJavaScriptコードを書いてみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。