連載
» 2016年04月14日 05時00分 公開

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(1):HoloLensのAR世界を疑似体験できる、エミュレーターの基礎知識とインストール、基本的な使い方 (2/3)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

エミュレーターの実行環境と開発環境の構築

 ここからは、エミュレーターの実行環境とアプリの開発環境を構築していこう。

Visual Studio 2015 Update 2、HoloLens Emulator、HoloLens用Unityのダウンロード

 まず、下記URLのサイトで、図3のリンクをクリックする。

図3 「Installation checklist」の「Download and Install」の項目のリンクをクリックする 図3 「Installation checklist」の「Download and Install」の項目のリンクをクリックする

 まず、「Visual Studio 2015 Update 2」をクリックする。「Get Visual Studio Community」のボタンがあるので、これをクリックする。「VSToolsForWindows1C.exe」のダウンロードを聞いてくるので、適当なフォルダに保存しておく。

 次に、前のページに戻って「HoloLens Emulator」のリンクをクリックする。「EmulatorSetup.exe」のダウンロードを聞いてくるので、保存しておく。

 「Unity HoloLens Techinical Preview Beta 10」のリンクをクリックするとUnityのページに入るので、「Getting Started」のHoloLens Techincal Previewの赤いリンクをクリックする(図4)。

図4 「HoloLens Techincal Preview」のリンクをクリックする 図4 「HoloLens Techincal Preview」のリンクをクリックする

 すると、「Download Technical Preview」のページに入るので、図5の赤い枠で囲ったリンクをクリックして、フォルダに保存しておく。筆者の場合は、64-bit(Win)をダウンロードした。

図5 赤い枠線で囲まれたリンクをクリックして保存しておく 図5 赤い枠線で囲まれたリンクをクリックして保存しておく

 図5から「64-bit(Win)」をクリックすると、「UnitySetup64.exe」のダウンロードができる。

 「UWP Runtime」をクリックすると「UnitySetup-Metro-Support-for -Editor-5.4.0b10-HTP.exe」がダウンロードできる。「offline documentation」をクリックすると「UnityDocumentationSetup.exe」がダウンロードできる。

Visual StudioとHoloLens Emulatorのインストール

 順番にEXEファイルをクリックしてインストールしていけばいいのだが、注意しなければならないのは、「VSToolsForWindows1C.exe」をインストールする場合に、「Choose the type of installation」で「Custom」を選択することだ(図6)。

図6 「Custom」を選択する 図6 「Custom」を選択する

 すると、次の画面で「Universal Windows App Development Tools」の項目が表示されるので、図7のようにチェックを付ける。「Custom」を選択しておかないと、既定のままインストールすると、これらはインストールされないので注意が必要だ。

図7 「Universal Windows App Development Tools」の項目が表示される 図7 「Universal Windows App Development Tools」の項目が表示される

 残りのダウンロードしていたファイルは順次インストールしていき、表示されるウィザードに従えば問題なくインストールされる。

 「EmulatorSetup.exe」をインストールするとVisual Studio Community 2015 Update2のメニューに図8のような、「Hololens Emulator」が追加される。

図8 「Hololens Emulator」が追加された 図8 「Hololens Emulator」が追加された

HoloLens用Unityのインストール

図9 Hololens Emulatorに対応したUnity 図9 Hololens Emulatorに対応したUnity

 次に、「UnitySetup-Metro-Support-for -Editor-5.4.0b10-HTP.exe」をインストールするとデスクトップ上に図9のようなアイコンが作成される。

 Hololens Emulatorに対応したUnityプロジェクトを作成する場合は、このUnityを使用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。