連載
» 2016年07月12日 05時00分 公開

初心者のためのサーブレット/JSP入門(1):まだまだ使えるJava SEとNetBeansの基礎知識&ダウンロード、インストール (2/3)

[金城俊哉,著]

まずはJavaの基本、Java Platform,Standard Editionを用意

 ここから先は、Windowsを例に、開発環境を用意する手順を説明していきたいと思います。最初にJavaの実行環境と開発環境の基礎となる部分を構築するために、Java Platform, StandardEditionをダウンロードしてインストールを行います。

Java Platform, Standard Editionをダウンロードする

 Java Platform, Standard Editionは、Oracle社のサイトで公開されています。

Java SE Development Kit 8のダウンロードページを表示

 「http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/」にアクセスします。2015年11月現在ではJava SE DevelopmentKit 8が公開されていますので、[Java]の[DOWNLOAD]ボタンをクリックします。ボタンをクリックすることでJava SE Develop mentKit 8のダウンロードページへ移動します。

32ビットまたは64ビットの選択

 ダウンロードページが表示されたら、上部に表示されている[Accept License Agreement]をオンにします。続いて、Windowsが32ビット版であれば[Windows x86]の右横にあるリンクをクリックし、64ビット版であれば[Windows x64]のリンクをクリックし、ダウンロードが完了したら[実行]ボタンをクリックします。

JDKとJREのインストール

 ダウンロードが完了すると、インストーラーが起動します。インストーラーでは、最初にJDKのインストールを行い、それからJREをインストールするようになっています。

JDKのインストール先の変更

 インストーラーの[次>]ボタンをクリックすると、インストールに関するオプションを設定する画面が表示されます。[次>]ボタンをクリックすると、JDKのインストールが開始されます。

JREのインストール先の変更

 インストールが完了すると、今度はJREのインストール画面が表示されるので、[次>]ボタンをクリックします。

JREのインストール先の変更

 このあと、JREのインストールが開始されます。インストールが終了したら[閉じる]ボタンをクリックして、インストーラーを終了しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。