連載
» 2016年07月29日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(63):“App-VとUE-VがWindows 10 Anniversary Updateに搭載”は本当にお得か? (2/2)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

Windows 10 Enterprise Insider PreviewのApp-VとUE-V

 以上の点を踏まえて、「Windows 10 Insider Preview」(ビルド14372および14383)でApp-VとUE-Vの組み込み状況を確認してみましょう。製品版に近いビルドなので、Windows 10 Anniversary Updateでも同じはずです。

 以下の画面1は、Windows 10 Enterprise Insider Previewのクリーンインストール直後のサービスの状態と、Windows PowerShellのコマンドレットを確認したものです。

画面1 画面1 Windows 10 Enterprise バージョン1607には、App-VクライアントとUE-Vエージェントが標準搭載されている

 サービスとして「Microsoft App-V Client」と「ユーザーエクスペリエンス仮想化サービス」の2つが存在し、どちらもスタートアップは「無効」になっています。前者がApp-Vクライアント、後者がUE-Vクライアントです。どちらも、「%Windir%\System32」フォルダにバイナリがインストールされていました。

 ちなみに、MDOPのApp-V 5.1は「%ProgramFiles%\Microsoft Application Virtualization\Client」フォルダに、UE-V 2.1 SP1は「%ProgramFiles%\Microsoft User Experience Virtualization\Agent」フォルダにインストールされます。

 App-VクライアントとUE-Vクライアントは、Windows PowerShellのコマンドレットで構成します。これは、MDOPのApp-V 5.1やUE-V 2.1 SP1でも同じです。Windows 10 Enterprise Insider Previewには、「AppvClient」および「UEV」というモジュールが標準搭載されています。サービスは既定で「無効」になっていますが、「Enable-Appv」および「Enable-Uev」コマンドレットを実行することで、それぞれ有効化できました。

 以下の画面2は、筆者が数年前にApp-V 5.0のテスト用に作成した「Adobe Reader X」のApp-Vパッケージを展開したところです。App-V 5.0用の古いパッケージですが、問題なく展開し、アプリケーションを実行できました。

画面2 画面2 数年前に作成した「Adobe Reader X」のApp-Vパッケージを展開、実行してみた

 以下の画面3は、UE-Vを有効化して、「Set-UevConfiguration」などのコマンドレットで同期を構成したものです。UE-V 2.1 SP1には存在する「通知領域」のアイコン(UevTrayApp.exe)と「会社設定センター(TemplateConsole.exe)」は、Windows 10 バージョン1607のUE-Vエージェントには含まれていないようです。

画面3 画面3 UE-Vエージェントを有効化し、テスト用にローカルパスを使用した同期を構成したところ。ローカルパスには同期される設定が保存されている

 なお、App-Vのパッケージを作成する「App-V Sequencer」とUE-Vのテンプレートを作成する「UE-V Generator」のWindows 10 バージョン1607対応版は、「Windowsアセスメント&デプロイメントキット(Windows ADK)」に収録されて提供される予定です(画面4)。

画面4 画面4 Windows 10 Insider Preview向けのWindows ADKのUE-V Generator。この時点では「App-V Sequencer」は収録されていないようだ

 以下の画面5は、Windows 10 Pro Insider Previewの状況です。「Enable-Appv」および「Enable-Uev」コマンドレットを実行すると、「このエディションでは利用できない」というエラーメッセージが表示されます。また、MDOPのメディアからApp-V 5.1やUE-V 2.1 SP1をインストールしようとしても、「このアプリはこのPCで実行できません。……このバージョンのWindowsでは使用できません」と表示され、インストールすることができません。

画面5 画面5 Windows 10 Pro バージョン1607にはApp-VとUE-Vは含まれない。MDOPのメディアからインストールすることもできない

ところで、App-VとUE-Vって何なの?

 App-VおよびUE-Vは、SAまたはVDA契約でのみ利用できるソフトウェアなので、そもそもこれらが何なのかを知らないという方も多いでしょう。

 App-Vは、アプリケーションのインストールをキャプチャーしてパッケージ化し、実行可能状態のアプリケーションをストリーミング配信やファイルコピーで簡単に展開する「アプリケーション仮想化技術」です。Microsoft Office 2013以降の「クイック実行(Click to Run:C2R)」は、App-Vの仮想化技術を応用したものです。「Office Deployment Tools」を使用すると、C2R形式のインストールソースをApp-Vパッケージに変換することが可能です。

 UE-Vは、デスクトップやアプリケーションのユーザー設定をローミングする機能です。Windows 8.1やWindows 10ではMicrosoftアカウントでサインインすると、OneDriveを利用したローミングが可能になりますが、UE-Vはそれをオンプレミスのファイル共有などを利用して実現します。Azure Active Directory Premiumが提供する「Enterprise State Roaming」機能のオンプレミス版といってもよいかもしれません。

 以前からWindowsには「ローカルユーザープロファイル」や「移動ユーザープロファイル」がありますが、UE-Vはこれらと併用でき、ユーザープロファイルよりも細かい設定のローミングが可能です。また、ユーザープロファイルでは実現できない、RDSのセッションや仮想デスクトップ間のローミングにも対応しています。

 App-VやUE-Vについて詳しく知りたい方は、以下のサイトで確認してください。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。