Special
» 2016年08月29日 07時00分 公開

クラウド版に先行して3種の新機能を搭載:データ分析と視覚化をデスクトップで手軽に!「Oracle Data Visualization Desktop」が現場のデータ活用を加速する (4/4)

[PR/@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

現場のデータ活用力の向上がビッグデータ時代における競争力の源泉に

 Oracle Data Visualization Desktopは単体での提供は行われず、Oracle Cloud Platform上のBI関連サービスの契約ユーザーに対してライセンスおよびサポートが提供されている。現在はOracle Data Visualization Cloud Service(利用料は1ユーザー当たり1万8000円/月)か、Oracle BI Cloud Service(同3万円/月)のいずれかが対象となる。Oracle Technology Networkからトライアル版をダウンロードすることも可能だ。

 かつて企業が全社レベルでBI環境を構築するにあたっては、コストや運用管理の面で多くの課題に直面していた。そのため、計画が頓挫したり、導入できた場合でも活用範囲が特定部署にとどまり、広く浸透させられなかったりといった経験を持つ方は多いだろう。だが、Oracle Data Visualization Cloud ServiceやOracle BI Cloud Serviceをはじめとするパブリッククラウド型のデータ活用基盤が登場したことで、今日では過去に直面した課題の多くが、より容易に解決可能となっている。

 Oracle Data Visualization Desktopは、それらのサービスを補完し、現場におけるデータ活用をさらに加速させるのに有効なツールだ。業務ユーザー一人一人にとっての利便性を高めながら、IT部門や業務部門の主導による組織的なデータ活用を確実に成功させたいという企業は、ぜひ一度、これらのサービス/ツールをお試しいただきたい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年9月28日

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。