連載
» 2016年09月13日 05時00分 公開

Database Watch(2016年9月版):OSSデータベースのMySQLとPostgreSQLは「次の段階」へ進む (2/2)

[加山恵美,@IT]
前のページへ 1|2       

PostgreSQLも次の次は大きな転機を迎えそう?

 PostgreSQLも近々大きく動きそうです。

 PostgreSQLの現行バージョンは「9.5」です。2011年に9.0となり、MySQLと同様に年次のバージョンアップごとに小数点第1位の数字を上げてきました。9.xでは当初、「ストリーミングレプリケーション」という、外部製品で実装していたレプリケーション機能が本体に組み込まれたのが大きな変化でした。後にマルチコア対策が強化され、マルチコア環境での性能を向上させました。加えてJSON対応では、JSON型やJSONB型などのサポートもMySQLより早期に進めていました。

 例年通りだと次のバージョンは2016年9月……ですが、遅くとも年内には正式版が発表されることになるでしょう。なお、出荷候補(RC)版として、2016年9月1日に「9.6 Release Candidate 1」がリリースされています。

photo PostgreSQLのコミッターも務めるSRA OSSの石井達夫氏(PostgreSQL Conference 2012より)

 しかしその次は、9.7ではなく「10」になる可能性があります。直近、2016年7月6日に開催された翔泳社主催のイベント「DB Online Day 2016」にて、PostgreSQLのコミッターも務めるSRA OSSの石井達夫氏が「(次のPostgreSQLが9.6だとしても)その次は間違いなく10.0になると思います。来年のお楽しみですがね」と述べ、信ぴょう性が増してきました。

 MySQLと同様に、バージョン番号の1の位の数字を上げることには、節目と位置付ける何か大きな意味が込められているはずです。石井氏は私見として「並列処理やクラスタリングにあると思う」と話していました。

 直近に目を向けると、もうすぐ発表されることになる次期PostgreSQL(恐らく9.6)で象徴的に捉えられているのは「パラレルクエリ」です。クエリを並列で実行するために、複数プロセスで処理できるようにする機能と説明されています。

 PostgreSQL 9.xでは、並列処理に関係する技術要素を徐々に整備していますが、もしかしたら「9.6」でそれを一段落付けた集大成となるのかもしれない、と予測されています。それならば、“次の次”でバージョン番号の1の位を上げることにも頷けます。そして、PostgreSQLは将来の方向性として、性能面の強化に目を向けていると推測できます。「商用RDBに追い付け、追い越せ」の勢いで、処理性能の強化にまい進していきそうです。

 PostgreSQLの周辺では、2016年12月2日から2日間、東京・秋葉原で「PGConf.Asia 2016」が開催されます。PostgreSQLには前身のソフトウェアがありますが、正式に「PostgreSQL」となったのは1996年から。ということで、2016年は「PostgreSQL 20周年」に当たります。その節目のイベントとなるように準備が進められているようです。



 MySQLやPostgreSQLに限らずOSS全般にいえることですが、いろいろな形でコミュニティーを支えるメンバー、ユーザーがいるからこそ、ソフトウェアは発展していきます。多様な企業のメンバーがオープンな場で建設的な議論を進めらられるのは、さまざまな意味で貴重なことだと思います。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。