連載
» 2016年10月12日 05時00分 公開

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(68):Windows 10の謎機能、「Take a Test(テスト受験)」の正体を暴け (2/2)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

ロックダウンされたWebブラウジング環境の可能性は?

 ユーザーは「テストを受けるためのアカウントの設定」で指定されたWebサイトと、そのWebサイトに含まれるURLリンクにアクセスすることができます。例えば、インターネット検索サイトのURLを指定すると、そのページが表示され、Web検索と検索結果へのアクセスが可能になります(画面7)。なお、ブラウザ自身のナビゲーション機能がないため、検索ページのトップに戻ることはできません。

画面7 画面7 テストのURLとしてインターネットの検索サイトを指定した場合、検索結果の先までブラウジングすることが可能。ただし、検索ページに簡単に戻ることはできない

 この機能を利用すればテスト以外にも、施設案内などの端末として応用できる可能性があります。ただし、[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーでサインイン画面に戻ってしまうので、キーボードを隠すなどの対応は必要でしょう。

Take a Testのもう1つの開始方法

 「テストを受けるためのアカウントの設定」でセットアップされたユーザーは、「テスト」アプリだけが利用できます。この他、次のようなURLリンクから「テスト」アプリを開始することもできます。

ms-edu-secureassessment:<テスト用WebサイトのURL>!enforceLockdown


 このリンクをユーザーが開くと、「テスト」アプリに制御が移り、[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーで終了するまで、Windows 10を通常の方法で利用することができなくなります。[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーで終了すれば、通常の方法でWindows 10にサインインできるように戻ります。

 テスト専用機にする「テストを受けるためのアカウントの設定」とは異なり、終了するまでの一時的なロックダウンであるため、テスト目的にはこちらの方がよいかもしれません。ただし、Windowsに詳しいユーザーは、リンク内のURLを直接ブラウザに指定して、検索サイトで答えを得ながらテストに回答できてしまいます。その点まで考慮する必要があるでしょう(画面8)。

画面8 画面8 「テスト」アプリ用の特別のURLリンクから開始したテスト。「はい」をクリックすると、全画面表示になり、ロックダウンされる

この機能に興味ありますか?

 Windows 8.1およびWindows 10の「割り当てられたアクセス」では、ローカルコンピュータにインストール済みのストアアプリ(ビルトインアプリを含む)を割り当てることができますが、Microsoft Edgeはその中には含まれません。

 「テストを受けるためのアカウントの設定」は、“ロックダウンされている”という制限はありますが、Microsoft Edgeベースのブラウジング環境を提供できます。そのため、テスト目的以外にも応用できる可能性は大いにあります。

 しかし、Windows 10は進化し続けるOSです。進化に必要ないと判断されれば、切り捨てられることになるでしょう。もしかしたら、この機能はWindows 10 Anniversary Update(バージョン1607)だけの“幻の機能”になるかもしれません。

 今回、ざっと触ってみた印象では、意味不明のエラーがポップアップされたり、テストWebサイトに接続できなかったりという現象に遭遇しました。問題なく動作するコンピュータもあったため、特定の環境に依存する問題なのかどうか切り分けまでしていませんが、この機能が十分に“テスト”されて提供されているのか、ちょっと気になっています。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。