連載
» 2016年11月07日 05時00分 公開

【 wc 】コマンド――テキストファイルの文字数や行数を数えるLinux基本コマンドTips(62)

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介してきます。今回は、「wc」コマンドです。

[西村めぐみ,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Linux基本コマンドTips」のインデックス

Linux基本コマンドTips一覧

 本連載では、Linuxの基本的なコマンドについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、テキストファイルの文字数や行数を数えるための「wc」コマンドです。

wcコマンドとは?

 「wc」はテキストファイルの行数や単語数(word count)、文字数を数えるコマンドです。単語は、空白や改行文字で区切られたものを数えます。


wcコマンドの書式

wc [オプション] [ファイル……]

※[ ]は省略可能な引数を示しています




wcコマンドの主なオプション

 wcコマンドの主なオプションは次の通りです。

短いオプション 長いオプション 意味
-c --bytes バイト数を表示する
-m --chars 文字数を表示する(マルチバイト文字に対応)
-l --lines 改行の数を表示する
-w --words 単語数を表示する
-L --max-line-length 最も長い行の長さを表示する
--files0-from=リスト NULL文字で区切られたファイル名のリストを指定する(「--files0-from=- 」とした場合は、ファイル名を標準入力から読み込む)


行数と単語数とバイト数を数える

 「wc テキストファイル名」で、指定したテキストファイルの行数、単語数、バイト数が表示されます。複数のファイルを指定(ワイルドカード「*」も使用可)した場合は、各ファイルの結果と合計が表示されます。

 なお、「単語数」は、空白または改行で区切られている前提でカウントされます。

コマンド実行例

wc テキストファイル名

(指定したテキストファイルの行数、単語数、バイト数を表示する)(画面1の赤枠部分

wc *.txt

(「*.txt」ファイルの行数、単語数、バイト数および合計を表示する)(画面1の青枠部分


画面1 画面1 指定したテキストファイルの行数、単語数、バイト数を表示(赤枠部分)。複数のファイルを指定した場合はその合計が表示される(青枠部分)


文字数を数える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。