連載
» 2017年03月16日 05時00分 公開

FTPサーバーを使ってみよう基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](6)(2/2 ページ)

[中島能和,著]
前のページへ 1|2       

FTPクライアントソフトウェアを用意しよう

 FTPクライアントソフトウェアには、GUI対応のものがたくさんあります。ここではWindows用の定番ソフトウェアFFFTPを例にとって、FTPサーバーへの接続を行うことにしましょう。

 まずは、FFFTPを以下のサイトからダウンロードしてインストールください。

FFFTPのダウンロードサイト

 Mac用のFTPクライアントソフトウェアとしては、Cyberduckが有名です。CyberduckはWindowsでも使えます。

FTPクライアントソフトウェアでFTPサーバーに接続しよう

 それではWindowsからFTPサーバーに接続しましょう。あらかじめ、Linux仮想マシンのIPアドレスを確認しておいてください。IPアドレスはifconfigコマンドで確認できます。

IPアドレスの確認

 この例では出力2行目の「192.168.11.5」がIPアドレスですね。

 FFFTPをインストール後に起動すると、次のような画面になります。

FFFTPの起動

 ここで「新規ホスト」ボタンを押し、「ホストの設定」ウィンドウが表示されたら、接続先情報を入力しましょう。

ホストの設定
  • ホストの設定名はわかりやすい名前に(ここでは「CentOS7」)
  • ホスト名( アドレス)は接続先のIPアドレス( ここでは「192.168.11.5」)
  • ユーザー名は「student」
  • パスワードは「password」

 入力後に「OK」ボタンを押すと、ホスト一覧ウィンドウに戻ります。設定名に指定した名前が表示されているはずです。

ホスト一覧

 では「CentOS7」をクリックし、接続ボタンを押してください。

 右側には、studentユーザーのホームディレクトリが表示されています。その中にファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルがアップロードされます。反対に、右側にあるファイルを左側やウィンドウ外にドラッグ&ドロップすると、ファイルがダウンロードされます。

FFFTPの画面

 いろいろ試してみてください。

まとめ

  • vsftpdを起動するには、systemctl startコマンドを使います
  • FTPサーバーが起動しているかどうかは、netstatコマンドを使って開いているポートを調べることで確認できます
  • コマンドラインでFTPを利用するにはlftpコマンドを使います

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

中島能和著
秀和システム 2500円(税別)
Linuxサーバーの学習をしたいがマシンは1台しかない……。覚えることが多すぎる……。あなたは、そんな理由でLinuxサーバーの学習をあきらめていませんか? 本書は、WindowsやMac上で動くLinuxを使って、サーバー構築のノウハウを解説します。初心者を対象としているので、あれもこれもと欲張ってたくさんの説明をするのではなく、まずは2日間で基礎部分だけをしっかり解説します。サーバ構築の基本スキルが身につきます。

注文ページへ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。