連載
» 2020年01月20日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10】Windows Updateを手動で実行する方法

しばらく使っていなかったPCなどは、セキュリティを高めるために早めに更新プログラムを適用しよう。その場合、Windows Updateを手動で実行すればよい。Windows 10でWindows Updateを手動で実行する方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10 October 2019 Update


[Windows Update]画面 [Windows Update]画面
[Windows Update]画面を開き、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックすると、更新プログラムの有無がチェックされ、更新プログラムが存在する場合はダウンロードならびにインストールが実行される。

 Windows 10では、Windows Updateによる更新プログラムの適用をユーザーが止められなくなっている。以前のWindows OSにはあった「更新プログラムをインストールしない」オプションがなく、常に最新の更新プログラムやドライバが自動で適用されるようになっている(Windows 10 Pro以上は設定により最大35日間の適用延期が可能。詳細はTech TIPS「【Windows 10】Windows Updateの更新を一時停止する」参照のこと。)。

 しかし、PCの電源をオフにしたまましばらく使っていなかったり、ネットワークに接続できない状態だったりした場合は、更新プログラムが適用されないままとなる。そのため、バックグランドでWindows Updateが実行され、意図しないタイミングで再起動が行われてしまうなど、困ることもある。

 このような場合、使い始める前に「手動で」Windows Updateを実行し、更新プログラムを適用してから、Windows 10を使うのがよいだろう。そこで、本Tech TIPSでは、手動でWindows Updateを実行する方法を紹介する。

手動でWindows 10を実行する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。