連載
» 2017年06月06日 05時00分 公開

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(7):さまざまな種類の「キー」を理解する (2/2)

[具志堅融, 河科湊,著]
前のページへ 1|2       

 (1)の解答は以下の通りです。

主キー:ペット区分、ペット種類コード 外部キー:ペット区分、体型区分


 「ペット種類テーブル」はペット種類を一意に識別するためのテーブルであることから、ペット種類を一意に識別するために必要な要素を本文から抽出します。また図3から、ペット区分と体型区分は別テーブルで管理されており、外部キーでこれらを参照することがわかります。

Chance問題

演習6-1

 関係データベース上に実装するエンティティの主キーが複合キーであり、複合キーを構成している属性数が多すぎるので、少なくして扱いやすくしたい。この場合の対応として、適切なものはどれか。

  • ア 複合キーを構成している属性のうち、エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし、残りの属性を外部キーにする。
  • イ 複合キーを構成している属性のうち、エンティティの性格を最もよく表している属性を主キーとし、残りの属性を代理キー(alternatekey)にする。
  • ウ 複合キーを連番などの代用のキー(surrogate key)に置き換え、複合キーを構成している属性を外部キーにする。
  • エ 複合キーを連番などの代用のキー(surrogate key)に置き換え、複合キーを構成している属性を代理キー(alternate key)にする。

(H22春DB午前問4)


解答 演習6-1 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

演習6-2

関係データベースの候補キーに関する記述として、適切なものはどれか。

  • ア 値を空値(ナル)にすることはできない列又は列の組
  • イ 検索の高速化のために、属性の値と対応するデータの格納位置を記録した列又は列の組
  • ウ 異なる表の列の値として存在しなければならない列又は列の組
  • エ 表の行を唯一に識別できる列又は列の組

(H14春DB午前問23)


解答 演習6-2 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

本試験過去問題による類題演習
□H24 午前II問6 関係モデルの候補キーの説明
□H23 午前II問2 データベース関係モデルの候補キーの説明

Chance問題

Point check

関係データベースのデータ構造を設計する過程で、A表とB表が抽出された。主キーはそれぞれ列aと列bである。この二つ表の対応関係を実装する表の設計に関する記述のうち、適切なものはどれか。

H26春DB午前II問3

  •  A表とB表の対応関係が1対1の場合、列aをB表に追加して外部キーとしてもよいし、列bをA表に追加して外部キーとしてもよい。
  •  A表とB表の対応関係が1対多の場合、列bをA表に追加して外部キーとする。
  •  A表とB表の対応関係が多対多の場合、新しい表を作成し、その表に列aか列bのどちらかを外部キーとして設定する。
  •  A表とB表の対応関係が多対多の場合、列aをB表に、列bをA表にそれぞれ追加して外部キーとする。

解答 Point check 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

書籍紹介

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

具志堅融、河科湊著
秀和システム 1,500円

データベーススペシャリスト試験は同じパターンの出題が多いため、過去問をたくさん解くことが合格の早道です。しかし、難易度の高い過去問を解くには、勉強が必要であり、多くの時間と労力を必要とします。本書は、プロの講師が推奨する、テキストを少し読み→該当する過去問を解き→理解を深めるというアジャイル的学習法で、驚くほど短時間で合格するツボとコツを解説します。"すき間時間"を活用して効果的な学習ができます!


注文ページへ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。