連載
» 2017年03月15日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(27):5年後をイメージできないエンジニアのための「目標の立て方」 (2/5)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

目標があると、どうなるの?

 ところで、そもそも「目標がある」とどうなれるのでしょうか。

 先日、@IT自分戦略研究所の「Go AbekawaのGo Global!」の取材に同席しました。同連載はアップルやディズニーなどの外資系企業でマーケティングを担当し、グローバルでのビジネス展開に深い知見を持つ阿部川“Go”久広さんが、グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うインタビューシリーズです。

 インタビュイーは、医師、マッキンゼーを経て、AaaS(Application as a Service)のシステムを提供しているソフトウェア会社「KPIsoft」の経営に携わっている、Sandra Pereira(サンドラ ペリーラ)さんです。

ペリーラさん

 ビジネス的なお話はGo Global!にお任せするとして、ここでは、「エンジニアの働き方」について取り上げます。

 阿部川さんは、日本のエンジニアの現状を指摘しながら、ペリーラさんへ次のように問い掛けました。

日本では、エンジニアはとても大変な仕事でありながら、将来性がなかなか見えない、つまりキャリアを発展させにくい仕事だと言われてます。グローバルレベルで見れば確かに多くのチャンスがありますが、そのチャンスに行き着くまでには、非常にキツイ経験を経なければならないと。

日本のエンジニアが楽しく仕事をするには、あるいはグローバルなレベルで仕事をするためには、何が1番大切だとお考えですか?

 ペリーラさんの答えはこうでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。