ニュース
» 2017年03月23日 11時00分 公開

生体情報×IoT×ARMプロセッサ:SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施

ソフトバンク・テクノロジーが、ダイキン工業や青山キャピタルと共同で、職場環境と人が感じるストレスの関係などに関するIoT実証実験プロジェクトを実施する。IoTシステムで人のストレス度を可視化し、職場環境の改善などにつなげる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)は2017年3月22日、ダイキン工業、青山キャピタルと連携し、職種や職場環境と人が感じるストレスの関係などに関するIoT(Internet of Things)実証実験プロジェクトを2017年7月に開始すると発表した。ダイキン工業の持つバイタルセンシング技術や、SBTのクラウド環境、青山キャピタルの顧客ネットワークを活用し、従業員の健康管理や快適な職場環境づくりに向けて「人の生体情報とIoTを利用」した新たな価値の創出を目指す。

photo 「チューブ式空気圧センサー」を内蔵した小型IoTデバイスを用いる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。