連載
» 2019年11月22日 05時00分 公開

Tech TIPS:最新のWindows 10 November 2019 Updateを手動でインストールする

Windows 10の機能アップデート(大型更新プログラム)「Windows 10 November 2019 Update」の配信が開始された。ただし当面は、手動による更新を行わないとWindows 10 November 2019 Updateにすることができない。その方法を解説する。

[デジタルアドバンテージ,小林 章彦]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10(Enterprise Editionを除く)


November 2019 Updateにアップグレードする win10nov2019update01png

November 2019 Updateにアップグレードする
November 2019 Updateへは自動的にアップグレードされないため、Windows Updateを手動実行するなどの操作が必要になる。


 2019年11月12日(米国時間)に「Windows 10」の機能アップデート「Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909。以下、November 2019 Update)」が公開されたNovember 2019 Updateによる主な変更点は、Windows 10 The Latest「2019年秋の機能アップデート『19H2』リリース直前。次期Windows 10はどうなる?」参照のこと)。当面、November 2019 Updateの自動適用は行われず、Windows Updateなどで手動適用が必要になる。本稿では、その方法を解説する。

手動でNovember 2019 Updateへアップグレードする

 November 2019 Updateへのアップグレードは、現在実行しているWindows 10のバージョンのサポート期間が終了する間際まで自動で適用されることはない(November 2019 Updateの提供開始により、April 2018 Updateまでのサポートが終了している。Windows 10のサポート期間については、Tech TIPS「Windows 7/8.1/10のサポート期限早見表」参照のこと)。そのため、November 2019 Updateにアップグレードするには、手動で「Windows Update」を実行するか、「Windows 10更新アシスタント」を利用するか、いずれかの操作が必要になる。その手順を紹介しよう。

Windows Updateを実行して手動でNovember 2019 Updateへアップグレードする

 手動でWindows Updateを実行してNovember 2019 Updateへアップグレードするには、まず[Windows 10の設定]アプリの[更新とセキュリティ]画面を開き、左ペインで[Windows Update]をクリックする。次に[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックして、「オプションの更新プログラムがあります」欄に「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されたら、その下の[今すぐダウンロードしてインストールする]リンクをクリックする。これで、November 2019 Updateへのアップグレードが行える。

Windows Updateを実行してNovember 2019 Updateへのアップグレードする Windows Updateを実行してNovember 2019 Updateへのアップグレードする
Windows Updateを実行して、「オプションの更新プログラムがあります」欄に「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されたら、[今すぐダウンロードしてインストールする]リンクをクリックする。これで、November 2019 Updateへアップグレードが行われる。

November 2019 Updateのインストールに掛かる時間は短い!?

 November 2019 Updateは、これまでの機能アップデートとは異なり、大きな機能追加が行われていない。実態としては、May 2019 Updateに対する累積更新プログラムに含まれていた機能が、「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」によって有効化されるだけのようだ。

 実際、Windows Updateで提供されているNovember 2019 Updateの更新プログラム「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」は、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレット上では「Feature Update to Windows Version 1909 via Enablement Package(KB4517245)(有効化パッケージによるWindowsバージョン1909への機能アップデート)」という名前になっている。

 そのため、November 2019 Updateの機能アップデートのダウンロード容量も3MB程度と小さくなっている。May 2019 Updateまでアップグレード済みで、かつその更新プログラムが全て適用済みであれば、適用時間も毎月提供される累積更新プログラムと同程度と短く、再起動も1回だけで済む。一方、May 2019 Updateに対する累積的な更新プログラムが未適用の場合は、適用時間がその分長くなり、再起動も2回以上になる。

Windows Updateでアップグレードできるのは「October 2018 Update」以降

 Windows UpdateによるNovember 2019 Updateへのアップグレードの対象は、既存の更新プログラムを適用済みの「October 2018 Update(バージョン1809)」と「May 2019 Update(バージョン1903)」のみである。それ以前のバージョンを利用している場合、Windows Updateを実行すると、自動的にMay 2019 Updateへのアップグレードが行われるので、その後、November 2019 Updateの適用を行う必要がある。後述の「Windows 10更新アシスタント」による更新、または「メディア作成ツール」によるインプレースアップグレードを行えば、May 2019 Updateへアップグレードをスキップして、November 2019 Updateへ一度でアップグレードできる。

「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されない場合は?

 [更新プログラムのチェック]ボタンをクリックしても、「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されないことがある。そのような場合は、表示された更新プログラムを全て適用した後、再起動して、再度[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックしてみよう。全ての更新プログラムを適用すると、「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されることがある。

November 2019 Updateの機能アップデートが表示されない場合 November 2019 Updateの機能アップデートが表示されない場合
November 2019 Updateの適用に必要となる更新プログラムが未適用だと、「オプションの更新プログラムがあります」欄が表示されない。表示されている更新プログラムを全て適用してから、再度、Windows Updateを実行すると表示されることがある。

 それでも表示されない場合は、インストール済みのデバイスドライバなどに互換性の問題があるといった理由から、意図的に適用がブロックされている可能性がある。数日後など、時間をおいてWindows Updateを再実行してみよう。

「Windows 10更新アシスタント」を使って手動で更新する手順

 「Windows 10更新アシスタント」を使って、November 2019 Updateへアップグレードするには、まずWindows 10更新アシスタントを新たにダウンロードする必要がある。

 以下のWebページをWebブラウザで開き、[今すぐアップデート]ボタンをクリックし、「Windows 10更新アシスタント(Windows10Upgrade9252.exe)」をダウンロードすること。

「Windows 10更新アシスタント」をダウンロードする 「Windows 10更新アシスタント」をダウンロードする
Microsoftの[Windows 10のダウンロード]ページをWebブラウザで開き、[今すぐアップデート]ボタンをクリックする。「Windows 10更新アシスタント(Windows10Upgrade9252.exe)」がダウンロードできる。

 すでにデスクトップに[Windows 10更新アシスタント]アイコンがある場合(インストール済み)でも、最新版をダウンロードして実行しないと、下画面のように「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」と表示されて、November 2019 Updateにアップグレードできないので注意したい。

Windows 10更新アシスタントで更新できない場合 Windows 10更新アシスタントで更新できない場合
以前にインストールした「Windows 10更新アシスタント」を実行すると、November 2019 Update適用前にもかかわらず、このように「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」と表示されてしまう。必ず、新たにダウンロードした「Windows10Upgrade9252.exe」から、Windows 10更新アシスタントを再インストールすること。

 「Windows10Upgrade9252.exe」を実行すると、Windows 10更新アシスタントがインストールされて、デスクトップに[Windows 10更新アシスタント]アイコンが作成される。自動的に[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動するので、ウィザードの指示に従って進めればよい(自動的に実行されない場合は、デスクトップの[Windows 10更新アシスタント]アイコンをダブルクリックして実行する)。

 Windows 10更新アシスタントは、その実行中にNovember 2019 Updateの本体をインターネット経由でダウンロードするので、安定したインターネット接続環境の下で実行することが望ましい。

Windows 10更新アシスタントを実行(1) Windows 10更新アシスタントを実行(1)
Windows10Upgrade9252.exeを実行するとインストールが行われ、自動的にWindows 10更新アシスタントが起動する。自動的に起動しない場合は、デスクトップの[Windows 10更新アシスタント]アイコンをダブルクリックする。[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動対応したら、[今すぐ更新]ボタンをクリックする。
Windows 10更新アシスタントを実行(2) Windows 10更新アシスタントを実行(2)
PCの互換性チェックが行われる。互換性に問題がある場合は、ここでその旨が表示されるので、対処すること(場合によっては、November 2019 Updateへアップグレードするのを諦める)。問題がなければ、[次へ]ボタンをクリックする。
win10nov2019update09.png
Windows 10更新アシスタントを実行(3) win10nov2019update09.png Windows 10更新アシスタントを実行(3)
作業の進捗が%で表示されるので、だいたいどの程度の時間がかかるのか分かるだろう。ダウンロード/インストール作業中は、この画面を最小化することもできる。
Windows 10更新アシスタントを実行(4) Windows 10更新アシスタントを実行(4)
インストールが完了すると、再起動が要求されるので、[今すぐ再起動]ボタンをクリックして再起動を行う。放置していると、30分で再起動されてしまうので注意したい。再起動を延期したい場合は、[後で再起動する]リンクをクリックすること。
Windows 10更新アシスタントを実行(4) Windows 10更新アシスタントを実行(4)
全ての更新作業が終わり、Windows 10にサインインすると、自動的にMicrosoft Edgeが起動し、[Windowsへようこそ]画面が表示される。

 November 2019 Updateのダウンロード/インストールを始めてから最初の再起動までは、ウィザードを最小化して作業を継続することが可能だが、PCの性能によっては反応が鈍くなるので注意したい。また、PCの性能や更新プログラムの適用状況などにもよるが、Windows 10更新アシスタントによるNovember 2019 Updateのインストールには1時間程度かかるようだ。

 なおMay 2019 Updateを適用していない場合(October 2018 Update以前)でも、直接、November 2019 Updateへのアップデートが行える。

October 2019 Update以前でもWindows 10更新アシスタントでアップグレード可能 October 2019 Update以前でもWindows 10更新アシスタントでアップグレード可能
October 2019 Update以前でもWindows 10更新アシスタントを使って、直接November 2019 Updateへ更新できる。

メディア作成ツールでNovember 2019 Updateにインプレースアップグレードする

 「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」を使って、インプレースアップグレードでNovember 2019 Updateすることも可能だ(メディア作成ツールについては、Tech TIPS「【Windows 10】『メディア作成ツール』でインストールUSBメモリを作る」参照のこと)。

 以下のWebページをWebブラウザで開き、[ツールを今すぐダウンロード]ボタンをクリックし、「メディア作成ツール(MediaCreationTool1909.exe)」をダウンロードする。

 November 2019 UpdateにアップグレードしたいWindows 10上でメディア作成ツールを起動し、指示に従ってライセンス条項への同意を行い、[実行する操作を選んでください]で「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、ウィザードを進める(November 2019 Updateに引き継ぐ項目が選択できる)。すると、November 2019 Updateの本体がインターネット経由でダウンロードされて、インプレースアップグレードが行われる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。