連載
» 2017年04月17日 05時00分 公開

DRBDの仕組みを学ぶ(16):DRBD 9環境の構築をAnsibleでサクッと自動化する (3/3)

[澤田健,@IT]
前のページへ 1|2|3       

maim.yml(NTP用)

 DRBD 9用に続いて、NTP用のmain.ymlも作成します。NTP用のmain.ymlには、NTPの最新版をインストールするために必要な手順を記述します。

---
    - name: Install Packages
      apt: name={{ item }} state=latest
      with_items:
        - ntp
 
    - name: Start and Enable ntp
      service: name=ntp state=started enabled=yes
NTP用「main.yml」の中身

 「name: Install Packages」では、NTPの最新版をインストールするため内容を記述しています。続いて「name: Start and Enable ntp」でNTPdを起動し、さらに自動起動を「enable」に設定するように記述しています。

Ansibleを実行する

 以上の作業でAnsibleを実行するファイルの準備ができました。

 Ansibleを実行して、3台のサーバへDRBD 9をインストールしましょう。

$ ansible-playbook -i ansible_hosts DRBD 9.yml 
 
PLAY ***************************************************************************
 
TASK [setup] *******************************************************************
ok: [192.168.0.102]
ok: [192.168.0.103]
ok: [192.168.0.101]
 
TASK [ntp : Install Packages] **************************************************
ok: [192.168.0.101] => (item=[u'ntp'])
ok: [192.168.0.102] => (item=[u'ntp'])
ok: [192.168.0.103] => (item=[u'ntp'])
 
TASK [ntp : Start and Enable ntp] **********************************************
ok: [192.168.0.102]
ok: [192.168.0.103]
ok: [192.168.0.101]
 
TASK [DRBD 9 : hosts Change] ****************************************************
ok: [192.168.0.101]
ok: [192.168.0.102]
ok: [192.168.0.103]
 
TASK [DRBD 9 : DRBD 9 Repository Get] ********************************************
ok: [192.168.0.101]
ok: [192.168.0.102]
ok: [192.168.0.103]
 
TASK [DRBD 9 : Install Packages] ************************************************
ok: [192.168.0.101] => (item=[u'drbd-utils', u'python-drbdmanage', u'drbd-dkms'])
ok: [192.168.0.102] => (item=[u'drbd-utils', u'python-drbdmanage', u'drbd-dkms'])
ok: [192.168.0.103] => (item=[u'drbd-utils', u'python-drbdmanage', u'drbd-dkms'])
 
TASK [DRBD 9 : Lvm Create] ******************************************************
ok: [192.168.0.102]
ok: [192.168.0.103]
ok: [192.168.0.101]
 
PLAY RECAP *********************************************************************
192.168.0.101               : ok=7    changed=0    unreachable=0 failed=0
192.168.0.102               : ok=7    changed=0    unreachable=0 failed=0
192.168.0.103               : ok=7    changed=0    unreachable=0 failed=0
Ansibleを実行し、DRBD 9を3台のサーバへインストールする

 上記のように、全て「ok」もしくは「changed」となったことを確認できれば作業は完了です(エラーが発生した場合には、Playbookに何らかの記述ミスがあります。Playbookを構成する各ファイルの内容を確認してください)。



 以上、環境構築を自動化するツールであるAnsibleを使って、3台構成のDRBD 9環境のためのサーバをまとめて準備できました。今後の運用においても、サーバ台数を増やしたい場合などで今回用意したPlaybookを応用できます。DRBD 9用サーバを準備する手間がかなり低減できるようになることでしょう。

筆者紹介

澤田健(さわだ けん)

さまざまなIT関連業務経験ののちに2013年よりインフラエンジニアとしての業務に携わる。また、DRBDを始めとするオープンソースソフトウェアのサポート業務にも携わっている。ツイッターでDRBDの情報発信も行っている。TwitterID:@ksawada1979。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。