連載
» 2017年05月15日 05時00分 公開

「断片化は発生していない」のに業務処理がだんだん遅くなっていく(パフォーマンストラブル)SQL Serverトラブルシューティング(46)(2/2 ページ)

[椎名武史,ユニアデックス株式会社]
前のページへ 1|2       

解決方法

photo DMVの出力結果

 もし「dm_db_missing_index_details」で出力されたテーブルを「遅くなった処理が使用している」のであれば、インデックスを新たに作成することで速度が改善される可能性があります。インデックスの作成は、DMVで出力された結果を参照しながら行います。

 まず、DMVの結果として出力されたインデックスのキー列「equality_columns」と「inequality_columns」に表示されている列を追加します。次に非キー列として、「included_columns」に表示されている列を付加列として追加します(*2)。


 例で示したDMVでの出力結果であれば、以下のクエリになります。

USE [db]
GO
CREATE NONCLUSTERED INDEX [index1]
ON [dbo].[table1] ([c1],[c2])
INCLUDE ([c3])
GO
不足していたインデックスを新たに作成するクエリ

 インデックスを作成したら、課題の処理性能が改善したのかを確認します。このインデックス作成によって、他の処理も改善する可能性があります。

 ただし、インデックスを新たに作成したことによって、格納するためのデータファイルの容量も新たに必要となることに注意します。また、挿入、更新、削除のクエリでは、変更しなければならないインデックスが増えることになるので、逆に処理速度が悪化することもあります。システム全体の影響を確認した上で、インデックスを採用するか否かを判断してください。

「インデックスは断片化されていないのに、業務処理が遅くなっていく」場合の対策手順

  1. 「dm_db_missing_index_details」で、不足しているインデックスの有無を確認する
  2. 不足しているインデックスを作成する
  3. 他の処理も含めて影響を確認し、インデックスを採用するか否かを判断する

本トラブルシューティングの対応バージョン:SQL Server全バージョン

筆者紹介

内ヶ島 暢之(うちがしま のぶゆき)

ユニアデックス株式会社 NUL System Services Corporation所属。Microsoft MVP Data Platform(2011〜)。OracleやSQL Serverなど商用データベースの重大障害や大型案件の設計構築、プリセールス、社内外の教育、新技術評価を担当。2016年IoTビジネス開発の担当を経て、2016年現在は米国シリコンバレーにて駐在員として活動中。目標は生きて日本に帰ること。

椎名 武史(しいな たけし)

ユニアデックス株式会社所属。入社以来 SQL Serverの評価/設計/構築/教育などに携わりながらも、主にサポート業務に従事。SQL Serverのトラブル対応で社長賞の表彰を受けた経験も持つ。休日は学生時代の仲間と市民駅伝に参加し、銭湯で汗を流してから飲み会へと流れる。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。