連載
» 2017年05月22日 05時00分 公開

明瞭な「提案依頼書(RFP)」の書き方「訴えてやる!」を未然に防ぐ(4/4 ページ)

[吉澤準特,@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

RFPの各項目はスタイルで整える

 Wordの「スタイル」を活用して、読みやすくて分かりやすい「RFP」を作成する方法を伝授します。

 まず、最も利用頻度が高い「段落スタイル」のパターンを作ります。初期設定で表示対象に含まれているスタイルの中から、「図1」で示したものを使い続けます。この中には幾つかのリンクスタイル(段落+文字)が含まれています。

図1 初期設定のまま使い続ける「スタイル」

 以下のスタイルを最初に作り、文章を書き加えていくごとに、いずれかのスタイルを割り当てると、読みやすくて更新しやすいWord文書を作れます。

◆1 標準

◆2 ヘッダ

◆3 フッタ

◇4 右寄せ

◆5 表題……………………アウトラインレベル:1

◇6 見だし 0 -文章

◆7 見だし 1………………アウトラインレベル:1 ※章レベル

◇8 見だし 1 -文章

◆9 見だし 2………………アウトラインレベル:2 ※節レベル

◇10 見だし 2 -文章


※階層を深める場合は、アウトラインレベルの3以降を順番に設定したスタイルを作成する
※「◆」は最初から定義されているスタイル(組み込みスタイル)
※「◇」は新しく作成するスタイル

 「図2」は、Wordのスタイルを設定すると、どの部分がどのように変化するのかを示したものです。「■」をマークしている箇所が、スタイルが効いている部分です。

図2 段落スタイルの推奨パターン−各スタイルの対象範囲

 文書は、階層構造に沿って「見だし」と「文章」のスタイルを使います。

見だしのスタイル

 見だしのスタイルを設定すると、読みやすい文章になります。

 見だしのない文章はメリハリがなく、どの部分に何が書かれているかを把握するのに時間がかかるため、相手から理解を得にくくなります。

文章のスタイル

 文章のスタイルを設定すると、相手に伝わりやすい文書を作成できます。

 例として、「段落スタイル:1 標準」を考えます。「標準」スタイルはWord文書で最初から定義されており、他のスタイルでは「基準にするスタイル」に指定されています。このスタイルは、単純にWord文書上で左端から右端までを平文で書くために使うものです。

図3 「標準」スタイル

 文章を見やすく、分かりやすく、伝わりやすくするために、「標準」スタイルに変更を加えます。

図4 「標準」スタイルに変更を加える

 変更するのは2か所。

 「日本語フォントの変更」で、「MS明朝体」を「Meiryo UI」にする。および「グリッド線に合わせる」のチェックを外し、無効化します。

 初期設定の「MS明朝体」はフォントの粗さが目立つので、Windows7以降で標準フォントになった「Meiryo UI」に切り替えます。

 「Meiryo UI」は、字間を読みやすく自動調整します。1行当たりの文字数がバラつくため、文字数を常に一定にしたいなら、「メイリオ」という等幅フォントを指定します。このフォントは日本語文字を全て同じ幅(等幅)で表示できます。

 グリッド線に合わせるチェックが有効になっていると、行間を微修正してもページ中のけい線単位に無理やり修正されます。チェックが有効なままで、前述の「メイリオ」のように文字の上下幅が広めに設定されたフォントを選ぶと、行ごとの間隔が大きく開いて見栄えが悪くなります。

 他の項目も、自分が見やすいスタイルを設定しましょう。



 今回は「提案依頼書(RFP)」の書き方を解説しました。次回(5月29日掲載)は、「謝罪報告書」の書き方を説明します。

書籍

外資系コンサルのビジネス文書作成術

外資系コンサルのビジネス文書作成術

吉澤準特著 東洋経済新報社 1944円(税込み)

大手コンサルティングファームでドキュメンテーションスキルを指導する著者が、ロジックの組み立てと効果的な表現をWord上で思い通りに実現するテクニックを解説する。

※書籍では本記事の内容を図解しています。是非ご覧ください。

筆者

吉澤準特

吉澤準特

ITコンサルタント

外資系コンサルティングファーム勤務。ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを行う。専門分野はシステム運用改善をはじめとするインフラ領域だが、クライアントとの折衝経験も多く、ファシリテーションやコーチングにも造詣が深い。

著書『資料作成の基本』『フレームワーク使いこなしブック』(以上、日本能率協会マネジメントセンター)『外資系コンサルの仕事を片づける技術』(ダイヤモンド社)など。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。